勤怠管理システムの導入を検討している企業必見!おすすめの勤怠管理システムをランキング形式でご紹介!

就業奉行11の口コミや評判

公開日:2021/10/15   最終更新日:2024/04/11

株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所:東京都新宿区西新宿六丁目8番1号住友不動産新宿オークタワー

TEL:0120-121-250
受付時間:10:00~12:00/13:00~17:00 (⼟・⽇・祝⽇を除く)

職場に合わせて利用できる、クラウド型勤怠管理システムが注目されています。勤怠管理の業務を大幅に削減でき、導入するメリットが大きいのが特徴です。さまざまな職場の状況に柔軟に対応し、安心のセキュリティ体制も完備されているのが就業奉行11です。ここでは、就業奉行11の特徴について解説します。有名企業での導入例も紹介しましょう。

あらゆる職場状況に対応できる柔軟さが魅力のクラウド型勤怠管理システム

就業奉行11は、職場の状況に柔軟に対応できるクラウド型勤怠管理システムとして定評があります。どんな特徴があるのか解説しましょう。

豊富な打刻方法

まず、打刻方法が豊富であることが魅力的です。従来通りの紙のタイムカードも利用できるうえ、ICカードでの打刻も可能なようです。パソコン、タブレット、スマートフォンなどからWEB打刻を選ぶこともできます。

また、指静脈認証を選べば、指をかざすだけで打刻できて非常に簡単です。さらに、なりすましなどの不正を防ぐことができます。おなじみの方法から最新式まで、それぞれの職場にとって最適な打刻方法を選べるのが便利ですね。

便利な機能

もしタイムカードの押し忘れがあった場合、一般的な勤怠管理方法ならば、本人に出勤したかどうか確認しなければなりません。管理者にとっては手間です。しかし、就業奉行11なら未打刻を確認すると自動的に本人と上司に通知が届きます

また、勤怠集計をExcelで行っている企業も多いと思います。しかし、就業奉行11を利用すれば、毎日の打刻記録から労働時間を自動で計算してくれるのです。業務の効率化に大いに役立ちます。

安心して利用できる堅牢なセキュリティ体制

クラウド型システムを安心して利用するためには、確かなセキュリティ体制が不可欠です。就業奉行11は、業務の効率性を損なうことなく、不正アクセスを防ぐための機能が万全です。

利用者別の権限設定

特定のスタッフのみで共有したい情報も多いものです。そのため、それぞれの利用者に、会社単位、部門単位、メニュー単位で権限管理できます。データ入力、データ転送、データ参照などの細やかな操作まで、権限を設定できるので安心です。

パスワード管理

パスワードポリシーやアカウントポリシーを設定できます。パスワードの最小文字数や有効期限の設定もできるので、安心ですね。

操作履歴管理

操作履歴を管理することも大切です。個人情報保護法に対応して、操作された履歴は自動的に記録されます。操作履歴を照会したいときは、細かく条件を指定して検索できるので非常に便利です。万が一、不正な操作が確認されたときでもスピーディーに検証できます。

バックアップ機能

専用のバックアップ機能が装備されており、終了時には簡単にバックアップを行えます。あらかじめスケジュール設定しておけば、自動でバックアップすることも可能です。

多数企業への導入実績

就業奉行11は、多くの企業への導入実績があります。ここでは、大幅な勤怠業務の削減に成功した3つの導入例について紹介します。

株式会社池田模範堂

虫さされ・かゆみ止め薬のトップブランド「ムヒ」で有名な会社です。スタッフは260名で、以前は有休や休日出勤、残業の申請は、昔ながらの紙の出勤簿で行っていました。勤怠と通勤費の集計作業には、約6人がかりで3日間もかかってしまい、残業も多くなっていました。

しかし就業奉行を導入したことで、システムが自動で集計作業をしてくれるので、集計作業を行う必要がなくなったのです。打刻忘れの有無のチェック作業のみでよいので、非常に業務が効率的になりました。

鶴丸海運株式会社

大正10年創業の総合物流商社です。スタッフは420名で、以前は紙での勤怠管理を基本としていました。

就業奉行を導入してからはWEBでの管理になり、勤怠業務がかなりスピーディーに行えるようになりました。スタッフ個人が入力した勤怠を管理者が確認し、承認すればそのまま就業システムに反映されるのです。

二条自動車教習所

スタッフ64名を要する自動車教習所です。指導員や事務員の1日の勤務時間が長いことや、勤務パターンが多いことから、以前は労務管理が複雑でした。さらに1年単位の変形労働時間制を採用し、それまでのシステムでは不便を感じたために就業奉行を導入しました。

すると、残業管理など、これまでの煩雑な処理が標準機能ですべてカバーできるようになったのです。勤怠管理の業務を、かなり削減できています。

 

就業奉行11の特徴について解説しました。導入すれば、業務の効率性を上げると同時に、不正なアクセスを防ぐことが可能です。利用者が安心して利用できるよう、確かなセキュリティ機能も整っています。

多くの企業から信頼を集めているので、これまで利用していなかった企業でも、安心して導入できますね。クラウド型勤怠管理システムの導入を考えているなら、ぜひ検討してみてください。

就業奉行11を利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

食料品

クラウド化対応による便利さ

良いポイント
労務業務の半数ほど外部の社会保険労務士事務所に委託していますが、管理部門での工数なくしてクラウドにより全社データを担当に投げることができる。

引用元:https://www.itreview.jp/

就業奉行11は、職場の状況に柔軟に対応できるクラウド型勤怠管理システムです。打刻方法は、タイムカード、ICカード、パソコン、タブレット、スマートフォンなど、さまざまあります。また、毎日の打刻記録から労働時間を自動で計算してくれたり、未打刻を確認すると自動的に本人と上司に通知が届きます。そのため、勤怠管理の手間を省くことができるでしょう。

その他小売・卸売

毎日毎月のルーティン作業の効率化UP

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?
以前からずっと使用していますが、1つ前のver10からとても機能が便利になっていると思います。
クラウド化に特化されているて、時代にあった使いうやすいものになっていると感じます。

引用元:https://www.itreview.jp/

就業奉行11はクラウド化に特化しているので、時代にあった使いやすい勤怠管理システムです。こちらの投稿者さんの場合、以前から就業奉行11を使用しているようですが、機能が便利になっていっていると感じているようですね。実際にさまざまな機能が備わっていますが、パスワード管理や操作履歴管理など、不正なアクセスを防ぐための機能も万全です。これなら安心して就業奉行11を利用することができるでしょう。

その他専門職

1分単位での出退勤管理が可能!

1分単位での出退勤の管理ができる点は、本当に素晴らしいと思います。弊社では今までエクセルでの出退勤管理をしていたため、いわゆる社員任せになっていました。本ソフトを導入することで、より出退勤に関する時間の意識が向上しました。
また、残業申請や月次累計残業時間も表示されるため過度な残業防止、残業に対する意識についても改善できることが良いポイントのひとつだと思います。

引用元:https://www.itreview.jp/

こちらの方は就業奉行11について、特に1分単位での出退勤の管理ができる点に魅力を感じているようですね。これにより、従業員の出退勤に関する意識が向上し、従来のエクセルによる管理からの移行が効果的だったとようです。

さらに、残業申請や月次累計残業時間が表示されることにより、残業の意識改善にも繋がったことなども含めると、これらの機能によって効率的な勤怠管理が可能となり、企業内の業務効率や従業員のワークライフバランスの向上に貢献しているとえるでしょう。

匿名

効率的に業務を回すことが可能に

勤怠管理をするのに大変便利だと感じた。タイムレコーダーを導入してから、遅刻や残業の管理がし易くなり、毎月の勤怠表や、退社時の手続きに必要な書類を発行するのにも、煩わしさがなくなった。古いタイムカードを探し出したり、管理をする手間がなくなった。

引用元:https://ktkm.net/

ここちらの方は就業奉行11の利便性の高さに、非常に感心されているようですね。タイムレコーダーの導入により、遅刻や残業の管理・毎月の勤怠表や退社時の手続きなどが簡易化されたことに、ストレスから開放された様子がうかがえます。

また、古いタイムカードを管理する必要性がなくなったことで、業務の効率が向上し、余計な負担を感じなくなったようですね。これによって勤怠管理に関するわずらわしさがなくなり、業務全体のスムーズさが向上したという利点が見られました。

情報通信・インターネット

打刻をリアルタイム監視

以前は打刻システムは使っておらず、一人ひとり出社確認をしていましたが、社員がスマホから各自打刻できるので確認作業の手間が省けました。
また、出社時刻をオーバーした際には自動的に催促の通知が該当の社員へ送られるので、電話やメールで連絡しなくても済みます。

引用元:https://www.itreview.jp/

こちらの口コミでは、就業奉行11を導入したことで、以前は個別に出社確認をしていた手間が省けたことが強調されています。社員がスマートフォンから自分で打刻できるようになったことで、出社確認作業が効率化されたようですね。

さらに出社時刻が遅れた場合には、自動的に催促の通知が該当の社員に送られるため、従来の電話やメールでの連絡作業が不要になったことが述べられています。そのため、本来は連絡する立場だった担当者も、気をもむことがなくなるでしょう。

株式会社池田模範堂

6人がかりで3日間必要だった勤怠集計作業が一切不要に。

今までにこんなに便利な勤怠アプリに出会ったことがないくらい充実しているサービスで、これからもこのアプリを活用していきたいと思えました。このアプリのアプリのおかげで、業績もよくなり大満足です!

【サービス導入後の効果・メリット・解決したことを教えてください】
このサービスを利用する前は、仕事の休みがどれぐらいあるかなど自分で一目見て管理することができず、わかりずらかったのですが、このサービスを利用するとそのようなことはなくなり、自分の仕事休みを管理できるようになっただけでなく、余裕も出てきたので大変満足しています。

引用元:https://www.obc.co.jp/

こちらのオフィスでは、就業奉行11を導入したことで、従来の紙の出勤簿で行っていた有休や休日出勤、残業の申請に関する作業が劇的に改善されたようですね。

以前は、勤怠と通勤費の締め作業に多くの人員と時間がかかっており、残業も頻発していたとのことですが、システムの導入により打刻漏れの確認以外の集計作業が自動化され、作業の効率化と残業の削減が実現されたようです。6人で3日間の手間がほぼ自動化されるというのは、相当な改善といえるでしょう。

二条自動車教習所

複雑な変形労働時間制の運用を標準機能で実現。

従来のシステムでは、1年単位の変形労働時間制に対応するためにはプログラム改修が必要でしたが、就業奉行を提案してもらったところ標準機能ですべて運用ができることがわかり非常に驚きました。指導員と事務員で異なる勤務パターンや残業管理にも対応でき、今では勤怠業務に時間をかけることが全くなくなりました。

引用元:https://www.obc.co.jp/

こちらの口コミでは、就業奉行11の導入によって、従来のシステムではプログラムの改修が必要だった変形労働時間制に対応することが、標準機能で可能になったことが強調されています。そして、指導員と事務員で異なる勤務パターンや残業管理にも柔軟に対応できることが、システムの優位性として挙げられていますね。

また、導入後は勤怠業務にかける時間が大幅に削減され、業務効率の向上が図られたと述べられています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

建設業向け勤怠管理システムは、効率的な作業時間の追跡やプロジェクトの進捗管理を可能にする重要なツールです。リアルタイムなデータ更新やモバイル対応など、迅速な情報共有が求められます。本記事では
続きを読む
勤怠管理システムの導入は、従業員の効率向上や業務効率化を図るためです。メリットは正確な労働時間の把握と給与計算の精度向上、デメリットは初期費用やトレーニングが必要な点などがあります。勤怠管理
続きを読む
近年、効率的な業務遂行と働き方の柔軟性を追求するなか、勤怠管理システムが注目を集めています。本記事では、働き方改革の背景とその実現において、効果的な勤怠管理が果たす役割に焦点を当て、企業や従
続きを読む