勤怠管理システムの導入を検討している企業必見!おすすめの勤怠管理システムをランキング形式でご紹介!

ヘッダー画像

おすすめの勤怠管理システムTOP5!

勤怠管理システムは手動計算によるミスや不正な打刻をほぼ失くせて業務を効率化できてしまう優秀なツール。
導入すると便利なのはわかっていても、勤怠管理システムを選ぶにあたって基礎的なところがわからず悩んでしまう人も少なくないのではないでしょうか?

勤怠管理システムを選ぶにはいろんな情報を知っておきたいですよね。
たとえば、

・自社に合う勤怠管理システムはどう選べばいい?
・無料でお試しはできる?
・導入に費用はどれくらいかかる?
・トラブル発生時にサポートはしてもらえる?

といった部分は勤怠管理システム選びの大事なポイントです。
このサイトでは勤怠管理システムを導入するにあたって気になるポイントを比較しやすいようにまとめています。
また具体的にどの勤怠管理システムがおすすめなのかをランキング形式で紹介しているので、ぜひ自社にあった勤怠管理システムを見つけましょう!

※ランキング表記の調査基準は、サービス及びサポート体制の向上を目的としてアンケート調査を実施。根拠の詳細はこちらをご参照ください。

勤怠管理システム!おすすめ比較表

Dr.オフィスLookJOB2
おすすめポイント
いつでもどこでも出退勤を管理できる「フレキシブルな勤怠システム」
人数制限
なし
無制限に使える!
従量課金
なし
人数が増えても安心!
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・リモート操作、メール、電話など無料サポートが手厚い!
リモートで遠隔操作対応もしてくれるので安心!
・操作方法などに困ったら電話で簡単解決!
カスタマイズ
公式サイトを見る
ジンジャー
おすすめポイント
企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約して業務効率を大幅に改善
人数制限
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
不安や悩みをすぐに解決できるようにメール・チャット・電話の3つのサポートプランを用意



カスタマイズ
公式サイトを見る
キングオブタイム
おすすめポイント
打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減が実現する
人数制限
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・2拠点(東京・大分)に専門のスタッフを配置してマルチオペレーション対応!
・導入後も無料の安心サポートを運営


カスタマイズ
公式サイトを見る
ジョブカン
おすすめポイント
シンプルな操作性で初めてでも、誰でも簡単に使える勤怠管理システム
導入時のサポート体制
制限あり
(無料プランの場合)
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・電話、メール、チャットにて無料で相談できる!
・有料で初期設定代行サポートも可能



カスタマイズ
公式サイトを見る
タッチオンタイム
おすすめポイント
継続率99.7%・市場シェアNo1を獲得したクラウド勤怠管理システム
導入時のサポート体制
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・導入から運用までを電話やメールなどをしっかりサポート!
・現状をヒアリングした後に現状に合った設定や運用方法も提示

カスタマイズ
公式サイトを見る

勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムとは?
勤怠管理システムは、社員の出勤や退勤の時間を管理することができるシステムです。導入することによって、勤務時間や欠勤の管理などをとても楽に行うことができるようになります。

入力されたデータをもとにして、給与の計算なども自動で行ってくれる場合がほとんどです。経理関連の手間が大きく削減できることから、数多くの企業が勤怠管理システムを導入しています。

パソコンやスマートフォンなどのデバイスで社員各自が打刻を行わなければいけないものも多いですが、ICカードや生態認証システムと組み合わせて便利に活用できるタイプなども存在します。一口に「勤怠管理システム」といっても、その種類は非常に豊富です。

クラウド型のタイプを導入すれば、遠隔地の支社の勤怠管理も本社で一元管理することができます。そのため、勤怠管理システムは従業員数が多い企業ほど積極的に導入している傾向にあります。

また、手作業で勤怠のデータをExcelなどに入力する場合より正確性が高いのも、勤怠管理システムの特徴です。従業員数が多い企業によく導入されているのは、そういった点も理由になっていると見てよいでしょう。

  • 勤怠管理システムは、社員の出勤・退勤時間などの管理が出来るシステム
  • 手間が省けるうえ、正確性が高い
  • 従業員数が多い企業に導入されている傾向がある

勤怠管理システムを導入するメリット

勤怠管理システムを導入することで得られるメリットといえば、打刻の不正を防止できることや、人事担当者の集計、計算作業の効率化を図れることなどが挙げられます。
また、その他の代表的なメリットをご紹介しますので、導入時の参考にしてみてください。

・手入力で管理する手間がなくなる
・データの正確性が大きく上がる
・不正な打刻を防止することができる
・業務の効率が上がる
・人事に割くコストカットに繋がる
・人事と管理職の負担軽減
・法令を確実に遵守することができる

詳しくは下記『勤怠管理にありがちな悩みを解決!勤怠管理システムを導入するメリット』でもご説明していますので、メリットが気になる方はぜひ同コンテンツをご覧ください。

勤怠管理にありがちな悩みを解決!勤怠管理システムを導入するメリット

勤怠管理にありがちな悩みを解決!勤怠管理システムを導入するメリット
勤怠管理システムを導入すれば、勤怠管理をしていくうえでの悩みの数々を解決できます。勤怠管理システムを導入するメリットについて見ていきましょう。

勤怠データの正確性が上がる

勤怠管理システムを導入して社員の勤怠データを管理するようになると、データの正確性が大きく上がります。手入力でデータの管理をする場合、どうしてもつい間違ったデータを入力してしまう恐れがありますが、勤怠管理システムを導入していればそういったことはほぼ起こりません

Excelなどを使用して勤怠管理をしていれば問題ないだろうと思う人もいるかもしれませんが、たとえ表計算ソフトなどを使っていたとしても、集計ミスが起こってしまう可能性があるのは否めません。表計算ソフトを使用して勤怠管理を行う場合、複雑な計算式を使わなければならず、その結果として集計ミスが起こってしまうことがあるからです。

勤怠データは給与に直接関わってくるデータなので、入力ミスがあると、社員の生活にまで影響を及ぼしてしまう危険性があります。万が一の事態を防ぎたいのであれば、勤怠管理システムを導入したほうがよいといえるでしょう。

不正な打刻を防止できる

手入力で勤怠の管理を行っている場合、不正な打刻が行われてしまいかねない点も大きな問題となります。手入力だと簡単に勤怠データの改ざんが行えるため、残業時間が水増しされたり、欠勤や遅刻などが無申告になったりしていないかの管理を担当する社員は細かくチェックしなければいけません。

勤怠管理システムが導入されていれば、そうした手間も削減できます。システムが導入されている状態で勤怠データを改ざんすることは非常に難しいため、基本的に不正な打刻はされていないと判断できるからです。

業務の効率化が図れる

勤怠管理システムを導入することで大きく変わる点には、業務を効率化できるという点も挙げられます。勤怠管理システムが導入されていない状態だと、人事や労務担当の業務はかなり多岐にわたり、決して効率的に業務を行える状態になっているとはいえません。

ところが、勤怠管理システムを導入するだけで、それまで効率的ではなかった人事や労務担当の業務が革新的に効率化できるのです。勤怠管理システムが企業において果たす役割はとても大きいといえます。

業務が効率化できるのは人事や労務担当だけではありません。勤怠管理システムを導入すれば、それ以外の社員の業務も効率化できます。

なぜなら、勤怠データに関する申請や承認のためのワークフローもシステム上で行えるようになるからです。それまで上司の手が空いている時間を見計らって捺印を求めに行ったりしなければいけなかったのが、システム上で手軽に済ませられるようになるため、そのぶん他の業務へ力を注げるわけです。

法令を確実に遵守できる

勤怠データを正確に管理しなければいけないのは、なにも間違った給与を社員に与えないようにするためだけでなく、法令を遵守するためでもあります。しっかりと労務管理を行わないと、法令に反してしまっているのを見過ごしてしまい、後々大変なことになってしまいかねません。

また、法令は法改正などによってしばしば内容が変わってしまうため、その都度対応するのはなかなか大変です。しかし、勤怠管理システムの多くはそうした法改正にもシステムアップデートなどを行うことで簡単に対応できるようになっています。

気を付けておかなければいけないのは、法改正への対応は無償ではないケースがある点です。無償なのかどうかについては、利用する前にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

コスト削減につながる

勤怠管理システムを導入することでコスト削減にもつながります。例を上げると、従業員数200人の中堅会社がタイムカードで勤怠管理を行っているとします。人事は月末になると、手作業で全社員のタイムカードを集計し、3人で2日はかかります。人事担当の給与を考えると3人で2日かかる作業の単純計算コストは月約6万円。この会社が、勤怠システムを導入したとすると、たとえ導入コストに6万かかってしまったとしても、2日かかっていた集計作業が2時間程度で終了するので、労働生産性が確実に上がります。これは1例のため、企業の環境等によっても異なりますが、勤怠管理システムは従来のタイムカード管理に比べてコスト削減につながる可能性が高いです。

  • 勤怠データの正確性が上がる
  • 不正な打刻を防止できるのも利点
  • あらゆる社員の業務効率が向上する
  • 法改正にも簡単に対応可能になる
  • コスト削減につながる

【アンケート】勤怠システム導入したいと思う理由は?

勤怠システム導入することでどのようなメリットがあるかを紹介いたしました。実際、今では多くの企業で勤怠システムが導入されていますよね。

それだけ導入する価値があるということでしょう。まだ導入されていない企業でも、このサイトをご覧になっているということは検討中ということですよね。

まだ迷われている段階だと、他の人の意見が聞きたくなるのではないでしょうか。そんな方のために、他の企業が勤怠システム導入をなぜ検討したか、その理由について調査しました。

その結果、「業務の効率化が図れる」ということが一番多くの票を集めました。メリットでも上げているように、勤怠システムを導入することで人事と管理職の負担を軽減できると期待できます。

今まで必要としていた時間を、他の作業に回すことができ、そうすることで業務効率を上げることができるでしょう。次に多かったのは「勤怠データの正確性が上がる」ということでした。

勤怠データの集計作業を人の手で行うとなると、ミスが発生する可能性を0にするのは難しいでしょう。しかし勤怠システムを導入することで、それらの集計作業は自動的に行われ、計算ミスといったことはなくせます。

このような正確性を求める人も多い結果となりました。その他にも「不正な打刻を防止できる」、「コスト削減につながる」、「法令を確実に遵守できる」などの導入理由がありました。

これらの問題は勤怠システム導入で解決できるものがほとんどです。現在検討を悩んでいるようでしたら、導入することをおすすめします。

導入するとしてもどのシステムがいいのかわからないかと思います。当サイトでは、そんな方たちのためにおすすめできる勤怠管理システムを紹介しています。

その他にも勤怠管理システムについてさまざまな情報をまとめていますので、ぜひ最後までお付き合いください。

  • データの正確性が大きく上がる
  • 業務の効率が上がる
  • 人事と管理職の負担を軽減できる

失敗しないために・・・勤怠管理システム導入時に注意すべきポイントとは?

失敗しないために・・・勤怠管理システム導入時に注意すべきポイントとは?
勤怠管理システムはとても便利ですが、だからといってあまりよく考えずに導入してしまうのは危険です。導入時には注意すべきポイントが何点か存在するので、ここではその内容を紹介します。

自社の勤務体系に合うかどうか

勤怠管理システムが合わない勤務体系になっている会社の場合、導入したところでそれほど効果を実感できません。それどころか、導入する前のほうがよかった、ということにもなりかねないのは事実です。

特に、会社独自の就業ルールがある場合、勤怠管理システムをそれに対応させるのはかなり大変になってしまいます。導入を検討する際は、システムが無理なく対応できるような就業ルールになっているのかを見直してみるとよいでしょう。

打刻方法はどうなっているか

勤怠管理システムは、システムによって可能な打刻方法が違います。そのため、導入時にはどのような打刻方法が可能なシステムなのかもしっかり確認しておかなければいけません。

例として挙げると、パソコンからログインする必要があるタイプのほかに、ICカードをかざすだけで済むタイプやスマホにアプリをダウンロードすることでスマホを使って打刻ができるようになるタイプなどがあります。打刻方法はどんなものが可能なのかをチェックしておかないと、想定したように活用できなくなるおそれがあるので、注意は不可欠です。

社員が使いやすいか

どんなに便利で業務の効率化に役立つシステムでも、使えなければせっかく導入しても損になってしまいます。そうならないように、社員が日常的に使用しやすいシステムになっているかどうかも見ておく必要があります。

勤怠管理者や給与担当者など、管理を担当する社員はもちろんのこと、そうでない社員にとっても使いやすいことがとても大切なポイントです。一部の社員だけが使いこなせても仕方がないので、どのようなポジションの社員も例外なく使いこなせそうかどうかを見極めるのことが大切になります。

クラウド型・パッケージ型のどちらなのか

勤怠管理システムを大きく分けると、クラウド型とパッケージ型の二種類に分類することができます。それぞれに異なる利点があるため、そこを踏まえて自社に導入するならどちらが適しているかを考えなければいけません。

クラウド型はインターネット環境さえあればどこでも使えることや、無償でバージョンアップが行えることなどが利点です。対するパッケージ型の利点は、情報の機密性の高さなどです。

なお、現在ではクラウド型が主流となっているため、インターネットを利用できる環境であれば、場所を問わず使用できる製品が多くなっています。

クラウド型の場合、インターネットを通じて外部サーバーにアクセスし、システムにログインしてサービスを利用することができます。インターネットがあれば、社内のシステム開発や自社サーバーも必要ないため、導入がスムーズで低コストというのが大きなメリットといえるでしょう。

なお、クラウド型の初期費用の相場は、0~50万円程度になっています。内訳には、導入サポート費用やシステム移行費用等が含まれます。

一方でパッケージ型は、自社のネットワークによって自社専用のシステムを保有するかたちになるため、カスタマイズに柔軟性があり、非常に強いセキュリティ環境を構築することができるでしょう。

ただし、パッケージ型は費用が高額になります。初期費用の相場は30万~100万円ほどで、内訳はクラウド型とおなじものもありますが、さらにライセンス発行費用やシステムパッケージ費用など、さまざまな費用が発生するでしょう。これに加え、機能をアップデートするたびに追加費用を支払うこととなります。

そのうえパッケージ型は、高い専門知識がないと導入後の管理が難しいため、こうした問題をクリアできない場合は、クラウド型を選ぶのが無難でしょう。

総合的に見るとクラウド型のほうが利点は多いですが、会社によってはパッケージ型のほうがクラウド型より適している場合も存在するので、よく考えたうえで選びましょう。

  • 自社の勤務体系に合うかのチェックが欠かせない
  • 打刻方法と、その方法が社員にとって使いやすいかどうかの確認も必須
  • クラウド型・パッケージ型のどちらを選ぶのかも重要

カスタマイズ性

どこまで会社の勤怠ルールに沿った設定が行えるかは、製品のカスタマイズ性によって大きく異なります。
仮に「テレワークに対応」とされていても、実際に使ってみると細かい中抜けに対応していなかったり、フレックスタイム制度での勤怠管理が行えなかったりすることがあります。

▼カスタマイズ性のチェックポイント

  • 独自の休暇ルールを設定できるか
  • 法令に沿ったアラートだけでなく、自社独自の基準でアラートを設定できるか
  • リモートワーク(テレワーク)中の複数回の中抜けに対応できるか
  • 勤務時間の端数処理を柔軟に設定できるか
  • 今後規模が拡大したり、就業ルールが複雑になったりした際に対応できるか
  • 出力したCSVデータを加工無しで、給与計算システムに連携できるか など

勤怠管理システム!おすすめ比較表

Dr.オフィスLookJOB2
おすすめポイント
いつでもどこでも出退勤を管理できる「フレキシブルな勤怠システム」
人数制限
なし
無制限に使える!
従量課金
なし
人数が増えても安心!
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・リモート操作、メール、電話など無料サポートが手厚い!
リモートで遠隔操作対応もしてくれるので安心!
・操作方法などに困ったら電話で簡単解決!
カスタマイズ
公式サイトを見る
ジンジャー
おすすめポイント
企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約して業務効率を大幅に改善
人数制限
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
不安や悩みをすぐに解決できるようにメール・チャット・電話の3つのサポートプランを用意



カスタマイズ
公式サイトを見る
キングオブタイム
おすすめポイント
打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減が実現する
人数制限
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・2拠点(東京・大分)に専門のスタッフを配置してマルチオペレーション対応!
・導入後も無料の安心サポートを運営


カスタマイズ
公式サイトを見る
ジョブカン
おすすめポイント
シンプルな操作性で初めてでも、誰でも簡単に使える勤怠管理システム
導入時のサポート体制
制限あり
(無料プランの場合)
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・電話、メール、チャットにて無料で相談できる!
・有料で初期設定代行サポートも可能



カスタマイズ
公式サイトを見る
タッチオンタイム
おすすめポイント
継続率99.7%・市場シェアNo1を獲得したクラウド勤怠管理システム
導入時のサポート体制
制限あり
従量課金
あり
アカウントの永久保持
コストパフォーマンス
導入時のサポート体制
・導入から運用までを電話やメールなどをしっかりサポート!
・現状をヒアリングした後に現状に合った設定や運用方法も提示

カスタマイズ
公式サイトを見る

料金比較表

Dr.オフィスLookJOB2
初期費用
無料
月額費用
3,800円
約97円/人~(39人までのプランの場合)
従業員100名
月額シミュレーション
9,800円
(利用者数無制限)
従業員500名
月額シミュレーション
9,800円
(利用者数無制限)
ジンジャー
初期費用
無料
月額費用
400円/人~
従業員100名
月額シミュレーション
40,000円
従業員500名
月額シミュレーション
200,000円
キングオブタイム
初期費用
無料
月額費用
300円/人
従業員100名
月額シミュレーション
30,000円
従業員500名
月額シミュレーション
150,000円
ジョブカン
初期費用
無料
月額費用
200円/人~
従業員100名
月額シミュレーション
20,000円
従業員500名
月額シミュレーション
100,000円?
別途見積り発行
タッチオンタイム
初期費用
無料
月額費用
200円/人~
従業員100名
月額シミュレーション
20,000円
従業員500名
月額シミュレーション
100,000円?
別途見積り発行

勤怠管理システムを選ぶときの絶対チェックすべき比較ポイント!

勤怠管理システムを選ぶときの絶対チェックすべき比較ポイント!
最後に、勤怠管理システムを選ぶときの比較ポイントを紹介します。システム選びにすぐ役立てられるような内容になっているので、ぜひひとつひとつしっかり確認してみてください。

コストは適正か

勤怠管理システムはまったくコストをかけずに導入できるものではありません。どのようなタイプのシステムであっても、導入するためには必ずコストがかかってきます。

そのため、導入にどのくらいのコストがかかるのかは、システムを比べる際に参考になる部分です。傾向として、クラウド型はコストが少なく済み、そうではないタイプはコストが多くかかるようになっています。

したがって、コストをあまりかけたくない場合には、クラウド型がおすすめです。ちなみに、クラウド型にはコスト以外にも利点がたくさん存在するため、総合的に見てもどちらかといえばクラウド型のほうがそうではないタイプよりおすすめだといえるでしょう。

スマートフォンでも利用できるかどうか

勤怠管理システムのなかには、スマートフォンで利用できるタイプも存在します。そういったタイプは、外出先などでもさまざまな申請や承認などが行えるためとても便利です。

特に社員が直行直帰をすることが多い会社などは、導入するならばスマートフォンでも利用できるタイプの勤怠管理システムにするのが無難です。特定のパソコンでしか利用できないシステムを導入してしまうと、社員にそれまでとは違った働き方を強いることになってしまいます。

すべてがそうだというわけではありませんが、クラウド型の勤怠管理システムはスマートフォンでの利用ができるケースが多くなっています。クラウド型を選んで、スマートフォンでのシステム利用ができるようにすれば、より高いレベルで業務を効率化できることでしょう。

サポート体制も要確認

思わぬトラブルが発生してしまったときなどに備えて、サポート体制を確認しておくことも必要になります。サポート体制もシステムによって違いが表れやすいポイントであるため、利用を検討している勤怠管理システムがある人は、そのシステムのサポート体制がどうなっているかを確認してみてください。

なかには、サポートが有料になっているシステムも存在します。その場合、サポート利用のためにかかる費用も考慮する必要があるため、サポート体制をチェックする際はまずサポートが有料か無料かを確認しておくとよいでしょう。

要望に合わせた柔軟なカスタマイズが可能か

勤怠管理システムを導入することで、業務の効率は大きく上がりますが、細かいところの機能を変えたいこともあるでしょう。そのため、システムを選ぶ際には、柔軟なカスタマイズが可能かどうかを確認するのもポイントです。

例えば、記録した勤怠を、勤務体系ごとに並べ替えることができます。また、従業員規模に合わせて記録内容をより詳しくすることも可能です。このほかにも、外資系企業に合わせた言語カスタマイズや表示設定の変更などたくさんの種類があります。このように、カスタマイズを行うことで、企業に合わせた機能を追加できるのが強みです。

しかし、カスタマイズを行う場合、その分料金も高くなるデメリットがあります。勤怠管理システムの導入だけでかなりのコストがかかるので、より安く利用できるところを選ばなければなりません。カスタマイズの料金は会社ごとに異なるので、見積もりを行うと同時に確認してください。

作業時間は機能を一つ変えることで大きく減らせるので、比較すべき重要なポイントの一つです。勤怠管理システムを選ぶ際には、こういった細かいところにも配慮するとよいでしょう。

  • 適正なコストかどうかを見ておくとよい
  • スマートフォンで利用できるタイプは便利
  • サポート体制が充実しているものもおすすめ

おすすめの勤怠管理システムランキング一覧!

いつでもどこでも出退勤を管理できる「フレキシブルな勤怠システム」

株式会社庚伸が開発した「Dr.オフィスLookJOB2」は、スマホなどのGPS機能を利用していつでもどこでも出退勤を管理できる、フレキシブルな勤怠管理システムです。毎月定額で登録できる従業員は無制限&データ保存量も無制限なので、従業員の入替り時の事務作業は確実に軽減されます。

長い歴史で見るとタイムレコーダーが使用されていた時代の方が長く、勤怠管理システムが登場したのはここ最近なので知名度こそ高くないものの、その機能性や使い勝手の良さ、サポートの手厚さから、使用している人からの評判はかなり高いようです。どこでもスマホで申請できるフレキシブルな勤怠管理システムを使った人にしか良さがわからないからこそ、知る人ぞ知る隠れた名品と言えるでしょう。

30日間全額返金保証もあるので、気軽に試してみましょう。

Dr.オフィスLookJOB2のメリット

2023年9月1日より給与計算システム(OBC社の奉行シリーズ)とのAPI連携を開始しました。 企業の勤怠管理から給与計算まで一元化が実現し、様々な基幹業務の効率化を実現することができるようになります。 本システムはクラウド型のソフトウェアであるにも拘わらず、カスタマイズを柔軟に行うことができるため、企業のスムーズなDX化を支援することが可能です。また、1か月単位の変形労働制”に対応し、店舗や従業員(社員・パート・アルバイト)毎に変わる勤務シフトや、時間帯ごとのシフトに沿った勤怠を管理する事ができます。

「Dr.オフィスLookJOB2」の独自の10の機能

■1:スマホで打刻が可能

外出先を含めてどこにいても、スマホやタブレットで打刻できます。有給の申請・承認もスマホで処理できる機能が付帯しています。

■2:ICカードが勤怠カードとなる

個人で使用しているSuica・Edy・nanacoなどのICカードを、勤怠カードとして登録できます。

■3:有給の申請・承認がいつでも可能

有給の申請や承認がいつでもでき、直行直帰の申請・承認もリアルタイムに処理することが可能です。

■4:有給の残日数をいつでも確認

有給の利用状況をシステムで管理しているため、従業員それぞれが自身の確実な有給残日数をいつでも確認することができます。

■5:勤務状況を「見える化」して把握

勤怠管理を「見える可」できるシステムなので、勤務時間や遅刻・早退・欠勤回数の状況をグラフで表示する機能が標準装備されています。

■6:打刻した場所をGPSで把握

スマホやタブレットのGPS機能を利用しているので、打刻した座標を所得しGoogleマップと連携して地図上で打刻位置を正確に把握できます。

■7:コンプライアンスを遵守した勤怠管理が可能

残業時間が多い・有給消化が足りていない・遅刻・早退・欠勤などの、注意すべき勤怠状況を素早く把握できるため、コンプライアンスを遵守した勤怠管理ができます。

■8:情報を給与ソフトに連携可能

勤怠情報をCSVにエキスポートできるため、給与システムとカンタンに連携させることができます。

■9:勤怠情報を一元管理できる

勤怠データはすべてクラウド上で保存しているので、他拠点での勤怠情報も一括で管理することが可能です。

■10:シフト別の勤務時間を集計できる

従業員それぞれで異なるシフトを登録することで、時間帯ごとのシフトに沿った勤怠を管理できます。

Dr.オフィスLookJOB2の強み

人数および拠点数無制限定額制!データ保持も無制限なので短期雇用や雇用人数の変動が多い職場におすすめ!
さらに、従業員規模や勤務体系など要望に合わせたカスタマイズが可能!将来的に労務形態が変更となった場合も柔軟に対応してくれる

Dr.オフィスLookJOB2(株式会社庚伸)の口コミ・評判を集めました

客観的労働時間管理が可能
システムがシンプルで使いやすい

良いポイント
優れている点・好きな機能
・ユーザー設定が難しくなく使い勝手がよい
・管理帳票(出勤簿)が月ごとに個人別台帳ベースで出力できるので監査資料として使用できる
その理由
・新入社員や退職社員が発生した際のメンテナンスが行いやすい。設定項目も必要最低限のため管理しやすい。
・監督官庁や保険組合など労働者時間管理に関する帳票を求められた際に、個人別、月別で即帳票の出力ができるため
 重宝している。また、記入漏れのチェックシートとして各個人に情報をフィードバックできる点もよい。

改善してほしいポイント
欲しい機能・分かりづらい点
・休日出勤、有休、半休などが事前申請ではなく、登録時にカウントされるとよい。
その理由
・予定されている休日出勤や有休などは事前申請で確定できるが、急に発生した休日出勤・有休などは
 事後深刻になることが多い。当社の場合、個人のタイムマネジメント内で管理されているため、事後申請の
 フローもあっても便利かと思う。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?
解決できた課題・具体的な効果
・働き方改革関連法案の成立後に客観的労働時間管理が義務化され、制度にあったシステム導入を求められており、
 今般の導入に至った。
課題に貢献した機能・ポイント
・外勤営業マンへの「タイムカード」としてルール化することにより、客観的労働時間管理が可能になった。

検討者へお勧めするポイント
システムがシンプルで使いやすい

引用元:https://www.itreview.jp/

経営・経営企画職
とにかくサポートが手厚いです。

良いポイント
以前、トライアルで別の勤怠システムを使ったことがあったのですが、セットアップが難しく、電話で問い合わせをしても一向に繋がらず、心が折れてしまい結局使わず終いでした。
Dr.オフィスLookJOB2は導入前から導入後においても、サポート部門への直通ダイヤルがあったり、遠隔操作により実際使っている画面を操作しながら指導をしてくれたりと、とにかく手厚いサポートに満足しました。また、基本的にはサポートに特定の担当者がつくため、問い合わせをする度にまた1から現状の説明をして・・・といった事をせずに済むのは地味ですがありがたいです。

改善してほしいポイント
スマホ版で初回ログインをするときに、名前や社員番号などの検索窓があると助かります。一度きりなのでそれまでと言えばそうなのですが、従業員の一覧から自分の名前を探すのが少し大変です。
どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?
運用開始後も電話や遠隔操作によるサポートが手厚く、とにかくITやシステム回りに自信の無い会社にはぴったりだと思います。お陰様でシステム回りも慣れ、問い合わせをすることも導入当初よりはだいぶ減りましたが、たまに電話をかけてもサポート担当の方が当社のことを覚えてくださっており、温かみを感じます。これらのサポートが無料でついてくるのも、他のメーカーでは見たことがありませんでした。

検討者へお勧めするポイント
稼働するまでしっかりサポートをしてくれるので安心でした。 また、定額制で価格がわかりやすかったのも良かったです。

引用元:https://www.itreview.jp/

会計・経理
業務効率改善されました

良いポイント
昨年10月より使用しております。それまではタイムカード打刻、エクセルに転記し集計していました。 打刻方法もiPadでICカード・PC・スマホ等、様々な方法に対応しており、画面表示や操作方法もわかりやすく、皆即対応出来ています。
改善してほしいポイント
不明点が発生した場合はご担当者に問い合わせをしておりますので、今後はその都度問い合わせなくても良いように、質問実績をまとめたF&A等の記載など、取扱説明書のバージョンアップを期待しております。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?
出退勤や有給消化の管理は、処理時間の短縮、ヒューマンエラーが減少しました。
不明点があった場合は、ご担当者の方にその都度確認しております。
ご担当者の方の迅速丁寧なご対応にいつも満足しております。

引用元:https://www.itreview.jp/

医院・診療所
勤怠管理に非常に便利です!

良いポイント
勤怠管理が事務所だけでなく、iPADを使用して事務所外でもでき、非常に便利です。アイコンも見やすく、直感的に操作できます。
運用資金も安価で大変助かっております。サポートも手厚く迅速に対応いただけます。

改善してほしいポイント
現時点では非常に便利に使用できており、改善してほしいポイントは特に見当たりません。
この使い勝手をこのまま維持していただきたいと思います。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?
複数の非常勤社員を管理するにあたり、他社の多くはアクティブ、非アクティブを問わず人数で費用が掛かってしまいますが、こちらのシステムはアクティブ人数のみのカウントかつ包括的に管理できて大きなメリットを感じています。

引用元:https://www.itreview.jp/

Dr.オフィスLookJOB2(株式会社庚伸)の基本情報

おすすめポイントいつでもどこでも出退勤を管理できる「フレキシブルな勤怠システム」
導入時のサポート体制利用料金内にリモート操作・メール・電話での手厚いサポートが含まれており、導入後も安心して利用可能!
打刻方法スマホやPCで簡単に申請の承認が可能(GPS対応)ICカードを使って簡単に打刻も出来る
機能性GPSでの打刻場所の管理や働き方改革関連法案に対するアラート機能&申請・承認機能&休暇管理機能あり
無料トライアルの有無30日間の無料体験あり
利用料金LookJOB2 月額9,800円(税込10,780円)人数無制限
LookJOB2 Essential 月額3,800円(税込4,180円)39人まで利用可能
ジンジャーの画像1
企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約して業務効率を大幅に改善

「A社員の部長昇格によって人事管理では役職を書き換えて、勤怠管理では残業代が発生しない設定を、経理管理では部長決済の枠を与え、給与管理では役職手当を追加する」このようなシステムの使い方は、非効率というしかありません。

しかし、jinjer(ジンジャー)を使えば、さまざまな管理システムに登録することなく、1つのプラットフォームで管理することが可能となるのです。

ジンジャーの強み

企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約!業務効率化をねらう職場におすすめ!

ジンジャー(株式会社ネオキャリア)の口コミ・評判を集めました

その他製造業
労務管理が非常に楽になりました!

今まで労務管理をEXCELで管理していましたが、「Jinjer労務」を利用する事により、各従業員のデータが一元管理する事が出来、そこで出来た従業員データはそのまま「jinjer勤怠」へ連携されます。 結果、従業員の登録は1回で済みますし、従業員の入退社に必要な書類の作成も容易に出来る様になり、とても楽になりました。

引用元:https://www.itreview.jp/

機械器具
タイムレコーダーからの乗り換え

当社では、時差出勤制度を取り入れており、各人の出勤退勤スケジュールを、クラウド上で共有できる機能を伴った、クラウド型勤怠管理システムを探しておりました。何社かの機能を比較した結果、Jinjerのスケジュール管理が当社に合致したため、導入に至りました。同様の要望をお持ちの会社には、おすすめだと思います。

今まで使用していたタイムレコーダーでのエクセルでの集計作業、タイムカードの準備に、負担を感じており、クラウドタイプの勤怠管理システムを探しておりました。導入後は、担当者負担が軽くなり、月途中でも残業時間が確認できたりと勤怠の可視化に役立っております。

引用元:https://www.itreview.jp/

建築・鉱物・金属
機能が充実している

良いポイント 工場の交代勤務の勤怠管理用に導入。 これまでエクセルや紙の申請書を目視での確認や集計を行っておりましたが、勤怠の打刻から集計までがシステム化されており、勤怠集計にかかっていた時間を大幅に削減することができました。 最新の法令にも対応しており、会社独自のルールで行っていた勤怠管理の見直しができたことで、社内で属人化していた業務の切り捨てを実行できました。 改善してほしいポイント 他のクラウド勤怠システムとの比較になりますが、画面が見づらい印象です。文字が小さいため管理者画面で作業すると非常に疲れてしまいます。 どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか? 一部誤った解釈での作業方法が、システムを導入することで改善されました。 退職した社員が大昔に作成したExcel作業から脱却でき、時間短縮につながった。

引用元:https://www.itreview.jp/

人材
打刻のアクションが簡単で速い

良いポイント 打刻ボタンの起動から押下後の反映スピードが速いです。以前使っていた勤怠システムに比べ、朝の打刻時間が短縮されました。 権限ロールも細かく設定できるので、人事承認が必要な休暇申請(慶弔休暇など)は権限者が該当ユーザーにのみ付与ができる仕様など、運用がしやすいです。 改善してほしいポイント ほぼ改善ポイントは見当たりませんが、稀に月をまたいでの勤怠確認や承認を行う場合に、何月の表示がされているかわかりづらく、月を間違えた勤怠の申請が来ることがあるので、そこが改善されるとより良いと思います。 どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか? 承認者は、管轄グループの勤怠申請を一覧で確認でき、まとめての承認も出来るので、以前利用していた勤怠システムに比べ月末の打刻確認や承認作業の時間が大幅に削減されました。 以前のように重くなることもほぼなくなったため、ほぼ実際の出退勤との時差なく打刻もできています。 検討者へお勧めするポイント 営業の直行先での打刻などもアプリ上からできるところが良いです

引用元:https://www.itreview.jp/

ジンジャー(株式会社ネオキャリア)の基本情報

おすすめポイント企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約!業務効率化をねらう職場におすすめ!
導入時のサポート体制不安や悩みをすぐに解決できるようにメール・チャット・電話の3つのサポートプランを用意
打刻方法スマホ・PC・タブレット・ICカードなどのさまざまな打刻方法
機能性勤怠管理システムのほかクラウド型給与計算システムをはじめとする8つのサービスを利用できる
無料トライアルの有無無料お試し期間あり
利用料金月額400円から
キングオブタイムの画像1
打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減が実現する

少人数の企業でコストを抑えて、正確な勤怠管理を行うならKING OF TIME(キングオブタイム)がおすすめです。手持ちのPCとインターネット環境があれば、簡単に勤怠管理を行うことが可能となります。

しかもデータはクラウドで保存されるため、複数の店舗の勤怠管理を一括して行うこともできます。シンプルで誰でもわかりやすい画面構成もポイントです。

キングオブタイムの強み

打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減!手持ちのPCとインターネット環境さえあれば導入できるツールを探している職場におすすめ!

キングオブタイム(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)の口コミ・評判を集めました

放送・出版・マスコミ
最高の勤怠アプリ

誰でもわかりやすいデザインで、勤怠管理ができること。また、うちではチーム単位で管理しており、誰がどれぐらい働いたかわかりやすい。

引用元:https://www.itreview.jp/

情報通信・インターネット
タイムカードはもう紙の時代じゃない!

勤怠管理が本当に楽になりました。従来の紙ベースでのタイムカードはもう古い・・・。しかも従業員数が多いほど、この効果は絶大。

勤怠管理にかかる時間が大幅に削減できます。自分の勤怠をタイムリーな状態で確認し、自分で管理できます。管理者権限がある場合、従業員の勤怠を一括で確認、申請、承認などできるため大変便利です。

引用元:https://www.itreview.jp/

経営・経営企画職
クラウド型勤怠のベストソリューション

この製品・サービスの良いポイントは何でしょうか?

クラウド型勤怠ソフトを複数触っていますが、最も機能が豊富です。実際の画面上の機能だけでなく、個別に裏機能にて実現できるケースが多々有り、大体の勤怠管理は実現が可能です(サポートセンターに問い合わせると、自環境に適用してくれます)

IT業界以外の勤怠(例えば変形労働制、日毎の手当ての申請等)にも対応している点もGoodです。

改善してほしいポイントは何でしょうか?

機能が非常に豊富だが、それらがどこに配置されているか、どう連動しているかなどを考慮して設定をする必要がある。豊富な一方でKing of Timeのくせやアーキテクチャを理解していないと最大限活用できない。

勤怠や労務の知識があった上で、データ構造を理解するリテラシーが無いと、うまく活用できない可能性が高い。

ただ、それを持ってしても豊富な機能のメリットは大きい。

どのようなビジネス課題を解決できましたか?あるいは、どのようなメリットが得られましたか?

残業集計やタイムカードの集計作業から開放される。アナログなタイムカードで1営業日かかっていた事務処理が、1時間程度まで削減されました。

引用元:https://www.itreview.jp/

総合(建設・建築)
低価格帯クラウド型勤怠システムの最適解

良いポイント

とにかく幅広いカスタマイズに対応しているのが良ポイントです。

私が所属している会社は年間の変形労働時間制を採用しており、他社低価格帯の勤怠システムではこの設定が中々叶えられませんでした。

最も管理したい週や月の累積残業時間についても、KOTでは容易に叶える事が出来、アラート等も必要なタイミングに必要な人にお知らせすることが出来ます。

また、カスタマーサポートが優秀で、これは叶えられないか...?という内容も、裏設定のような機能が多数用意されているようで、要望を伝えると実現方法を検討し実現してくれます。

改善してほしいポイント

様々な機能を叶えていけるようにした一方で、デザインのの追求まではされていないように感じました。もちろん分かりやすく仕上がってはおりますので、欲を言えば...になります。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

導入前は紙での管理を行なっていたため、ペーパーレス化を叶えることが出来ました。遠隔地にいる者の紙の回収には時に郵送等を行なっていた事もあるため、郵送代が無くなりました。

なにより、残業時間が一目で分かるようになったのがメリットで、2024年4月に迫った建設業においての働き方改革に活躍しそうです。

検討者へお勧めするポイント

低価格で多機能を求めるとKOTに辿り着くと思います。導入検討者はひとつのブランドのソリューションに統一できているような場合を除いて他システムとの連携を考えなければいけないと思いますが、KOTはメジャーなシステムとのAPI連携はされていっているためその点はおすすめです。

引用元:https://www.itreview.jp/

キングオブタイム(株式会社ヒューマンテクノロジーズ)の基本情報

おすすめポイント打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減!手持ちのPCとインターネット環境さえあれば導入できるツールを探している職場におすすめ!
導入時のサポート体制2拠点(東京・大分)に専門のスタッフを配置してマルチオペレーション対応!導入後も無料の安心サポートを運営
打刻方法スマホ・PC・ICカードリーダー・顔認証など幅広い打刻スタイルが可能
機能性残業基準の設定やアラート機能をはじめとする14の機能が利用可能
無料トライアルの有無30日間の無料体験あり
利用料金1人 月額300円
ジョブカンの画像1
シンプルな操作性で初めてでも、誰でも簡単に使える勤怠管理システム

ジョブカンはシンプルな操作性で、初めて使う人でも簡単に使える勤怠管理システムです。そう聞くと、システムが充実していないように感じてしまいがちですが、勤怠管理に必要な機能はしっかり備えているので、問題なく利用できます。

また、煩雑なシフト作成や各個人の残業、有給休暇の管理も解決してくれるため、業務がスムーズに進むでしょう。

ジョブカンの強み

シンプルな操作性が特徴!誰でも簡単に使える勤怠管理システムを求める職場におすすめ!

ジョブカン(株式会社DONUTS)の口コミ・評判を集めました

小売・流通・商社系
シンプルで活用しやすい

操作で迷ったことがなく、直感的に使用することができます。その月の労働時間や休日残数もすぐに分かるので、いちいち総務に確認していた手間も省けました。



また、今は在宅勤務が多くなってますが、Slack連携することで自宅からでも打刻ができるのも助かります。

引用元:https://boxil.jp/

医療系
紙ベース管理からの解放

様々なシフトや勤務体系にも柔軟に対応でき、給与や労務など、他のジョブカンシリーズと連携させることでバックオフィス業務が劇的に楽になり、ミスもなくなりました。サポートの対応も非常に良く、たいていの疑問点はライブチャットで迅速に解決して頂けて大変助かっております。

導入以前は、昔ながらの紙のタイムカード打刻とエクセルや書面での勤怠管理を行っていました。シフトや有給の管理も非常に煩雑だったのですが、ジョブカン勤怠管理を導入することにより、時間・手間・保管場所の削減がスムーズに進みました。

引用元:https://boxil.jp/

医院・診療所
様々な機能が備わっているため、統合的な勤怠管理が可能!

良いポイント

ユーザーインターフェースがシンプルで直感的であるため、管理者・従業員ともに使いやすい。

以前は紙タイムカードで打刻し、そのデータをExcelに手入力する運用であったが、ジョブカン勤怠管理を導入することによりその手間を省くことができた。複数拠点で勤務している従業員もそれぞれの拠点で打刻してデータも反映されるのが良い。オプション設定が豊富であるため、自社にあった設定ができる点も優れている。ヘルプも充実しているため、サポートに確認する手間がない。

改善してほしいポイント

・出勤時刻の自動打刻は便利だが、退勤時刻の自動打刻ができないため改善してもらいたい。

・複数のフェリカカードを登録できるようにして欲しい。

・管理者がシフト申請の承認をする画面が、情報が整理されていないため分かりづらい。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

ジョブカン勤怠管理は、従業員の勤務時間や休暇の管理を効率的に行うことができるため、従業員の生産性向上に貢献している。また、給与計算の自動化により、手作業でのミスを防ぐことができ、管理作業の負荷を軽減できている

引用元:https://www.itreview.jp

情報通信・インターネット
使いやすいクラウド勤怠管理システム

良いポイント

以前は社内システムを使用していましたが、ジョブカンを使うようになってから打刻漏れや、承認漏れが圧倒的に減りました。

慣れるまでは使いづらそうと思いましたがそれも一瞬でした。勤怠と給与と経費精算などに使用してます。

改善してほしいポイント

読み込みが遅いときがあり、自分の動きとリンクせず無駄に申請してしまうことがあるので読み込みがスムーズになるといいと思います。

半休のときのシフト登録が手入力なのですこし面倒。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

勤怠ぶれや打刻もれ、自身の有給残日数などわかりやすくなり打刻修正が減り、有給消化率が上がりました。

社内依頼でワークフローを使用していますが、慣れるとテンプレ入力でいろんな依頼ができるので便利です。

誰に依頼するのかを探すのに今まで時間がかかっていましたが、検索することができるので時短にもなりました。

引用元:https://www.itreview.jp

ジョブカン(株式会社DONUTS)の基本情報

おすすめポイントシンプルな操作性が特徴!誰でも簡単に使える勤怠管理システムを求める職場におすすめ!
導入時のサポート体制電話・メール・チャットにて随時、無料で相談受け付け中!有料で初期設定代行サポートも可能
打刻方法SuicaやPASUMOなど交通系ICカード、PitTouchPro、スマホなどのGPS機能で打刻可能
機能性時間外労働や残業限度を超えた月の表示やシフト自動作成機能あり
無料トライアルの有無30日間の無料体験あり
利用料金1人 月額200円(税込220円)から
タッチオンタイムの画像1
継続率99.7%・市場シェアNo1を獲得したクラウド勤怠管理システム

タッチオンタイムは2021年6月末に利用者数200万人を突破した、市場シェアNo1のクラウド型勤怠管理システムです。その人気の秘密には、タッチオンタイムのみで使える独自開発のタイムレコーダーや、スマホやPCなどをタイムレコーダーにすることでコストを抑えて導入できる点があるようですね。

導入から運用までを電話やメール、リモート操作でしっかりサポートしてくれるのも大きな魅力です。

タッチオンタイムの強み

継続率99.7%・市場シェアNo1!職種や業種・業態、規模の違いや地域を選ばないシステムを利用したい職場におすすめ!

タッチオンタイム(株式会社デジジャパン)の口コミ・評判を集めました

精密機械
勤怠管理工数の大幅削減を実現

従来、社内システムを使用して勤怠管理を行っておりましたが、集計作業工数がかかり、法律改正等への対応も不十分、給与システムに取り込む為のデータ作成等に時間がかかっていました。



当製品を導入後、それらの課題が一気に解決されました。開発力も高く、従業員満足度も高いです。

引用元:https://www.itreview.jp/

サービス・外食・レジャー系
コスト削減できる

本格的な勤怠管理システムを一人月額300円という低価格で実現できるというのがタッチオンタイムの魅力だと思います。

タイムカード利用による費用や複雑な勤怠管理による人件費を削減できるので、コスト削減にもなります。

引用元:https://boxil.jp/

広告・販促
勤怠管理を手軽に

良いポイント

自分の勤務時間を一目でわかりやすく管理できるのはもちろんですが、部下の勤怠も管理しているのでエラーなどが一目でわかるようになりました。

例えば残業の時間もそうですし、有給などの残状況、休日出勤分の振り替え休日などの取得状況もわかりやすく管理の手間が減少しました。過去のデータもチームや個人などに合わせて手軽に抽出できるのもありがたいです。

改善してほしいポイント

特に使い勝手の悪い点はありませんし、UIUXも良いと思います。

しいて言うのであれば勤怠の締め作業に関しては個別で締めれるといいのになとは思います。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

勤怠管理において、打刻の漏れなども一目でわかるようになりましたし、休み申請の許可も対応しやすくなりました。

一人ひとりで見る際のかかる工数削減時間はわずかかもしれませんが、管理人数が増えるにつれ対応時間が増えていたので、削減時間は大きくなっていると思います。

検討者へお勧めするポイント

一人ひとりの削減時間はわずかかもしれませんが、人数規模が100名を超えるような会社ですと導入して損はないと思います。

引用元:https://www.itreview.jp/

ゴム製品
使いやすい勤怠管理システム

良いポイント

自分の勤怠状況、従業員の勤怠管理がしやすくなったし、UIも使いやすい。BYOD利用でも安心して導入できる。定期的にアップデートされるので、使い勝手がさらに良くなっている。また、グループ会社の秤も利用していた為、企業としての安心感がある。

改善してほしいポイント

あまり思いつかないが、弊社は、夜勤もある為、夜勤日のカウントなど標準UIに無い管理項目などは、カスタマーサイドしか追加できない為、追加などがユーザーでもできるようになるとよりいいと思います。

どのような課題解決に貢献しましたか?どのようなメリットが得られましたか?

タイムカードの打刻をしていた為、従業員の勤怠状況、残上時間の集計などに時間がかかっていた。また、働き方改革における残業時間、有給取得状況などの管理も容易な為、管理工数削減につながった。

引用元:https://www.itreview.jp/

タッチオンタイム(株式会社デジジャパン)の基本情報

おすすめポイント継続率99.7%・市場シェアNo1!職種や業種・業態、規模の違いや地域を選ばないシステムを利用したい職場におすすめ!
導入時のサポート体制導入から運用までを電話やメール、リモート操作でしっかりサポート!現状をヒアリングした後に現状に合った設定や運用方法も提示
打刻方法スマホ・PC・ICカードのほかタッチオンタイムレコーダーや指静脈認証での打刻が可能
機能性外部システムとの連携機能や「働き方改革関連法」対応機能あり
無料トライアルの有無30日間の無料体験あり
利用料金1人 月額300円

勤怠管理システムどんな機能がある?

勤怠管理システムどんな機能がある?
勤怠管理システムのメリットが分かったところで、次は勤怠管理システムの機能について見ていきましょう。勤怠管理システムには、便利な機能が非常にたくさん搭載されています。

打刻機能

出勤や退勤などの打刻を行える機能が勤怠管理システムには備わっています。ICカード・スマートフォン・生態認証など、打刻方法はシステムによってさまざまです。

ワークフロー機能

さまざまな承認や申請を行えるワークフロー機能が搭載されているのも勤怠管理システムの大きな特徴です。出勤簿の承認や、残業休暇の申請などが行えます。

ワークフロー機能はパソコンだけでなくスマートフォンから利用できる場合も多くなっています。その場合、外出先からも各種の申請・承認が行えるのでとても便利です。

通知機能

日々忙しく働いていると、ついつい残業時間が基準を超過してしまう場合があります。それに気付かずそのまま働き続けてしまうと大問題になりかねないですが、勤怠管理システムにはそうした場合に基準を超過していることを通知してくれるタイプが存在します。

残業時間についてのルール厳守を徹底したい会社はそのタイプの勤怠管理システムを取り入れることがおすすめです。さらに、打刻漏れ・遅刻などを通知してもらえる勤怠管理システムも存在します。

加えて未消化の有給がある場合にも通知してくれる勤怠管理システムまであるので、通知機能にもしっかり注目してみてください。

勤怠情報の集計機能

勤怠情報を集計してくれる機能が搭載されている場合も多くなっています。社員ひとりひとりの勤怠情報をリアルタイムで集計してデータ化してくれる機能です。

集計したデータをもとに、総労働時間・残業時間・深夜労働時間・休日労働時間など、カテゴリー別の詳しいデータを表示することもできます。給与計算はもちろん、業務改善にも役立てられることでしょう。

帳簿出力機能

勤怠データを手入力している場合、各種の帳簿を作成するには改めてデータを帳簿用に入力し直さなければいけないことがあります。その作業をわずらわしく感じたことがある人は、当サイトを見ている人のなかにもいるのではないでしょうか。

勤怠管理システムには、集計されたデータをもとにして帳簿を出力する機能も搭載されています。CSVやPDFといった形式で出力できるので、データの打ち直しという工程を丸ごと削減することが可能です。

他システムとの連携機能

さまざまなシステムがすでに社内に導入されている場合、そうしたシステムと連携できるようになっている勤怠管理システムも存在します。そういったタイプは工数勤怠管理にまつわる業務を大幅に減らしてくれるので、業務の効率化を目的として勤怠管理システムの導入を検討している場合におすすめです。

スケジュール管理機能

勤務形態の多様化に対応するため、スケジュール機能が搭載されている勤怠管理システムも増えてきています。これまでは手入力で問題なく勤怠データの管理ができていたとしても、いつ困難になってしまうか分かりません。

現状、手入力でのデータ管理を行っているのであれば、来るべきときに備え、早めに勤怠管理システムの導入を、勤怠管理にまつわる業務を試みたほうがよいでしょう。

  • 打刻機能やワークフロー機能がある
  • さまざまな通知機能や勤怠データの集計機能も搭載
  • 帳簿出力機能や他システムとの連携機能があるタイプも
  • スケジュール管理機能があるものまで存在する

その他:勤怠管理システム一覧紹介

IEYASU

勤怠管理システムを導入しようと考えている方、本当に問題なく使えるのか、簡単なものから試してみたいと思いますよね。今回紹介するIEYASUには、無料で勤怠管理システムを使えるプランも用意されています。無料プランを試してから有料に変更もでき、システム導入の様子見に持ってこいです。そんなIEYASUの特徴について、説明します。

基本情報
おすすめポイント 無料で利用可能な勤怠管理システム
導入時のサポート体制 個別相談セミナーや公式サイトにマニュアルあり
打刻方法 ブラウザのボタン・ICカード・slackやLINEなどからの打刻 など
機能性 残業アラートや社員の勤怠状況を見れるレポート機能あり
無料トライアルの有無 あり(利用無料)
利用料金 無料(月3,800円からの有料プランあり)
kincone(株式会社ソウルウェア)

タイムカードなど勤怠管理の分野でも、クラウドサービスが注目を集めています。業務形態に合わせて打刻タイプが選べ、便利な機能が魅力な勤怠管理システムがおすすめです。この記事では、kinconeの特徴について解説します。すでにkinconeを導入している企業について、また導入する際の具体的な流れについても紹介します。

基本情報
おすすめポイント 勤怠同時に交通費も読み取り可能
導入時のサポート体制 公式サイト内にFAQあり
打刻方法 ICカード打刻、アプリ打刻、チャット打刻など
機能性 打刻漏れや残業時間超過防止のアラート機能あり
無料トライアルの有無 最大2か月無料体験可能
利用料金 1従業員につき200円
スマレジ・タイムカード(株式会社スマレジ)

働き方改革が推進される中で、業務の効率化や労務管理が課題となっています。業務の効率化に役立つ機能を備え、料金プランが選べるタイムカードシステムもあるようです。それがスマレジ・タイムカードです。この記事では、スマレジ・タイムカードの特徴について解説します。困った時に安心できるサポート体制についても紹介しましょう。

基本情報
おすすめポイント 利用状況に合わせて様々なプランを選択可能
導入時のサポート体制 チャットやメールでのサポートあり
打刻方法 アプリやWEB、笑顔認証 など
機能性 給与や賞与、集計や組織運営、人事管理までできる
無料トライアルの有無 60日間すべての機能を無料で利用可能
利用料金 ・プレミアムプラン:2,200円11名以降、1人330円  など
マネーフォワード クラウド勤怠(株式会社マネーフォワード)

2019年4月から施行された働き方改革法案。長時間労働を是正することも目的として挙げられていますが、そんな改革をサポートしてくれる勤怠管理システムがあります。それが、マネーフォワードが提供するクラウド勤怠です。いったいどういう点で働き方改革を推進してくれるのでしょうか。

基本情報
おすすめポイント 様々な雇用形態に細かく対応
導入時のサポート体制 メールやチャットでのサポート、webマニュアルあり
打刻方法 PCやタブレットでどこでも打刻可能
機能性 フレックスタイム制の時間集計も一目でわかる
無料トライアルの有無 1か月無料体験可能
利用料金 月額2,980円から
レコル(中央システム株式会社)

面倒な勤怠管理をまとめて担ってくれる、勤怠管理システム。いろんな会社が手がけていますが、そこまで差異化が図れるものでもなさそうに感じます。ところが、会社によって細かな機能が違ったり、サポート体制が違ったりと、実はよくよく選ぶ価値があるものです。今回の記事では、レコルという会社の管理システムを紹介します。

基本情報
おすすめポイント どこよりもシンプルで簡単、充実した機能
導入時のサポート体制 電話やメールで無料サポートあり
打刻方法 ICカード、生体認証、Webからボタン など
機能性 様々な外部サービスと連携可能
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 1人100円
勤革時(日本電気株式会社)

従業員の勤怠をリアルタイムで管理できたら、とても便利なうえ業務の効率化にもつながります。リアルタイムで正確な勤怠管理ができて、しかもリーズナブルな料金が魅力な勤怠管理システムが勤革時です。

基本情報
おすすめポイント 稼働実績15年以上の実績と信頼のシステム
導入時のサポート体制 操作イメージオートデモあり
打刻方法 モバイル・ICカード・顔認証・PC打刻、生体認証 など
機能性 複雑な就業規則に細かく柔軟に対応可能
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 1人300.円
就業奉行11(株式会社オービックビジネスコンサルタント)

職場に合わせて利用できる、クラウド型勤怠管理システムが注目されています。勤怠管理の業務を大幅に削減でき、導入するメリットが大きいのが特徴です。さまざまな職場の状況に柔軟に対応し、安心のセキュリティ体制も完備されているのが就業奉行11です。

基本情報
おすすめポイント 多様化する従業員の働き方へ柔軟な対応ができるシステム
導入時のサポート体制 認定インストラクターが電話をはじめ、徹底サポート
打刻方法 タイムレコーダー・指静脈認証・ICカード など
機能性 Office連携サービスや企業内コミュニケーションなど便利機能あり
無料トライアルの有無 導入3か月は無償で利用可能
利用料金 30名の場合年間174,000円から
CYBER XEEDすまぁと勤怠(アマノビジネスソリューションズ株式会社)

勤怠管理は多くの企業にとって非常に手間がかかるものです。とくに従業員が増えていくと、毎月の勤怠管理の手間が増えていき、担当者の仕事を圧迫してしまいます。そこで、近年、多くの企業が勤怠管理システムを導入しています。この記事では、多くの実績がある勤怠管理システム「CYBER XEEDすまぁと勤怠」の特徴について紹介します。

基本情報
おすすめポイント 担当のSEが付くので安心して利用可能
導入時のサポート体制 担当SEが徹底サポート
打刻方法 web・ICカード・指静脈認証・タイムレコーダー など
機能性 就業・給与・人事の情報を一元管理可能、万全のセキュリティ
無料トライアルの有無 なし
利用料金 初期費用:50,000円から 月額:1人200円から
TeamSpirit(株式会社チームスピリット)

従業員の勤怠管理や給与計算は、事務作業の中でも負担が大きい業務となります。とくに従業員が多い場合は、管理が煩雑になり、担当者の負担が大きくなってしまいます。そのため、最近では勤怠管理システムを導入する企業が増えています。この記事では、勤怠管理システム「TeamSpirit」の特徴について紹介します。

基本情報
おすすめポイント メンテナンスフリーで様々な業務管理をこのシステムだけで
導入時のサポート体制 導入相談窓口などのサポートサービスが充実
打刻方法 PC・モバイルアプリ・ICカード・PCログ など
機能性 原価管理や社員情報管理などオプション機能も充実
無料トライアルの有無 無料デモあり
利用料金 1人600円から
freee 人事労務
基本情報
おすすめポイント 勤怠管理から給与計算・給与明細の作成まで可能
導入時のサポート体制 導入度バイザーやサポートデスク、習熟コンテンツなど充実のサポート
打刻方法 webブラウザ・PC接続型認証・打刻専用端末 など
機能性 きめ細やかで柔軟な機能でかゆいところに手が届く
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 月3,980円から 1人500円
kinnosuke(キンノスケ)
基本情報
おすすめポイント 抜け漏れのない出勤簿のための役立つ機能が豊富
導入時のサポート体制 電話やメールでのサポートあり
打刻方法 PC・スマホ・ICカード など
機能性 シフト作成や工数管理など多彩な機能を搭載
無料トライアルの有無 最大60日間の無料トライアルあり
利用料金 ・初期費用:要見積もり
・月額費用:1人当たり350円
バイバイ タイムカード
基本情報
おすすめポイント 1社あたり平均2,750名と大きめの企業にも柔軟に対応
導入時のサポート体制 専用のチームが責任をもってニーズに合わせて設計、sポート
打刻方法 スマホ、iPad、パソコン、QRコード、ICカード、指静脈など
機能性 安定稼働まで責任をもって、サポートではなく主体性をもって推進
無料トライアルの有無 なし
利用料金 各企業、別途見積もり
リシテア/就業管理クラウドサービス
基本情報
おすすめポイント 企業の持続的成長にしっかり対応できる柔軟性
導入時のサポート体制 これまでのノウハウを生かし、徹底的なサポートあり
打刻方法 カードリーダー・スマホ・PC など
機能性 フォロー業務など管理部門の負荷軽減など多彩な標準機能あり
無料トライアルの有無 無料デモあり
利用料金 1人あたり350円から
就業管理システム TimeWorks
基本情報
おすすめポイント カスタマイズ不要で複雑な勤務体系に柔軟に対応
導入時のサポート体制 電話やメールでのお問い合わせに対応
打刻方法 磁器カードリーダ・ICカード・生体認証・PC など
機能性 打刻との乖離チェックや勤務スケジュールの立案など豊富な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
TimePro-VG
基本情報
おすすめポイント 90年以上の実績とノウハウを生かした多彩な機能
導入時のサポート体制 専任SEによる導入サポートでストレスフリー
打刻方法 ICカード・タイムカード・PC・スマートデバイス・生体認証など
機能性 労務課題を解決する多彩な機能が標準搭載
無料トライアルの有無 無料デモあり
利用料金 要お問い合わせ
WiMS/SaaS 勤務管理システム
基本情報
おすすめポイント 英語標準対応、他言語にも対応可能
導入時のサポート体制 システムを使いこなすためのコンサルティングやアドバイスサービスあり
打刻方法 PCやスマホ など
機能性 各社ERPとの豊富な連携実績があり、特定のシステムにとらわれない柔軟なシステム
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 別途要お問い合わせ
AKASHI
基本情報
おすすめポイント とにかく簡単な操作、幅広い業種に対応
導入時のサポート体制 チャットやメール、サポートセンターなど豊富
打刻方法 ICカード・web・スマホ・生脈認証 など
機能性 各種福利厚生や工数管理など機能豊富
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 1人あたり200円から
ALIVE SOLUTION TA
基本情報
おすすめポイント 労働時間集計に「しきい値」の計算式設定可能、様々な観点での集計
導入時のサポート体制 管理業務に精通したコンサルタントが導入前も後もサポート
打刻方法 web・タイムレコーダー など
機能性 労働時間の乖離・差異チェックや過重労働房洲サポートなど豊富
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
ShiftMAX
基本情報
おすすめポイント セミオーダー感覚で柔軟なアレンジが可能
導入時のサポート体制 エンジニアが細かな設定まで直接サポート
打刻方法 ICカード・モバイル打刻・生体認証 など
機能性 シフト管理はもちろん、締処理状況管理など多彩な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 初期費用:20万から
皆伝!勤務管理
基本情報
おすすめポイント プロジェクトごとの作業実績を入力できるので原価管理にも
導入時のサポート体制 お問い合わせ窓口あり
打刻方法 PC・スマホ・タブレット など
機能性 アラート機能の活用で違反勤務を未然にチェックなど豊富な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
CLOUZA
基本情報
おすすめポイント 最低利用人数なし、手軽に利用可能
導入時のサポート体制 サポートセンターにて適切なフォロー体制あり
打刻方法 PC・タブレット・スマホ・ICカード など
機能性 マルチデバイスに対応可能・年次有給休暇管理など多彩な機能
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 1人当たり200円
NEW! e-就業OasiS
基本情報
おすすめポイント 初期設定をお任せできるので安心
導入時のサポート体制 専任の導入支援担当者が徹底サポート
打刻方法 web・スマホ・ICカード・タイムレコーダー・PCログ・顔認証 など
機能性 インフォメーション機能や休暇管理機能など豊富
無料トライアルの有無 2週間無料体験可能
利用料金 参考価格
・50人の場合:初期導入費10万円 年間19万2,000円
TimeBiz
基本情報
おすすめポイント 200人まで定額費用なので人数が多いほどお得
導入時のサポート体制 無料相談会実施・電話やメールなどで相談可能
打刻方法 PC・スマホ・ICカード など
機能性 予定表の共有やメッセージ、キャビネットでの共有など豊富な機能
無料トライアルの有無 最大90日間無料
利用料金 定額月 14,300円
MINAGINE就業管理システム
基本情報
おすすめポイント 30年以上もの実績とノウハウが詰まったシステム
導入時のサポート体制 専任コンサルタントが徹底サポート
打刻方法 PC・ICカード・Slack・スマホ など
機能性 深夜残業の申請・直行・直帰申請 など機能が豊富
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 月30,000円(30人まで)
アテンリー
基本情報
おすすめポイント 低価格でシンプル、直感操作が可能
導入時のサポート体制 公式サイトに操作マニュアルあり
打刻方法 web・スマホ・ICカード・顔認証 など
機能性 グループ管理・外部サービス連携など便利な機能が豊富
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 月5,000円から(50人まで)
楽楽勤怠
基本情報
おすすめポイント 直感的に操作できるシンプルな画面設計と万全のサポート体制
導入時のサポート体制 専任のサポート担当が初期設定から徹底サポート
打刻方法 PC・スマホ・ICカード など
機能性 給与システム連携・打刻の丸め機能など豊富な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 月30,000円から
TIME-3X
基本情報
おすすめポイント 勤務管理から健康管理まで「自らが気づく」ことができる
導入時のサポート体制 ヒアリング・調査後にシステム構築、稼働支援や運用サポートもあり安心
打刻方法 ICカード・WEB・PCログイン/オフ など
機能性 勤務形態が混在した運用でも適切なシフト設定など豊富な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
勤怠Reco
基本情報
おすすめポイント web上で完結する勤怠管理システム
導入時のサポート体制 情報なし
打刻方法 PC・スマホ・タブレット など
機能性 出退勤管理から休暇申請でwebで完結できる
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
rakumoキンタイ
基本情報
おすすめポイント データをしっかり見える化してくれるので働き方改革を支援
導入時のサポート体制 お問い合わせ窓口あり
打刻方法 ICカード・PC・モバイル など
機能性 様々な勤怠管理に柔軟な対応・年次有給休暇の自動付与 など豊富な機能
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 月1人当たり300円
ManageOZO3勤怠
基本情報
おすすめポイント あらゆる職場や勤務体系に柔軟に対応
導入時のサポート体制 操作トレーニングや導入コンサルティング、サポートセンターあり
打刻方法 ポータル・タイムレコーダー・スマホ など
機能性 一覧で未承認を確認できるため月末占め作業がスムーズ
無料トライアルの有無 30日間無料体験可能
利用料金 月1人当たり400円
COMPANYシリーズ
基本情報
おすすめポイント 多種多様な形態の勤務体制に柔軟に対応可能
導入時のサポート体制 サイト内お問い合わせフォームあり
打刻方法 web・スマホ・ICカード・入退館システム・PCログオン など
機能性 実務実績入力や工数管理など便利な機能が豊富
無料トライアルの有無 無料デモあり
利用料金 別途要お問い合わせ
勤次郎Enterprise
基本情報
おすすめポイント 開発・販売実績27年以上のノウハウあり
導入時のサポート体制 専任スタッフが二人三脚で徹底サポート
打刻方法 PC・スマホ・タブレット・生体認証 など
機能性 モバイル運用や実績データ確認など豊富な機能
無料トライアルの有無 なし
利用料金 別途要お問い合わせ
人事労務freee
基本情報
打刻方法 共有端末打刻、ICカード打刻機、ICカードリーダー、指紋・静脈認証など
機能性 事業所ごとの状況に合わせ、最適な打刻方法を選択できる
無料トライアルの
有無
30日間の無料体験あり
利用料金 ベーシックプラン:月額3,980円+従業員料金 月額500円/1人~
公式URL https://www.freee.co.jp/hr/attendance-management/
Gozal
基本情報
導入時のサポート体制 24時間体制のサポート(チャットなど)
打刻方法 web、ICカード
機能性 多彩な勤怠集計項目や自由な給与計算式設定が可能
無料トライアルの
有無
30日間の無料体験あり
利用料金 月額 700円 × 従業員数
公式URL https://gozal.cc/
ShiftMAX
基本情報
導入時のサポート体制 エンジニアによる訪問ヒアリングあり
打刻方法 ICカード認証
暗証番号認証(タブレット)
指静脈認証(PC・タブレット接続)
モバイル打刻(スマホ・携帯のウェブブラウザ/1人1台)
クリック認証(PC・タブレットのウェブブラウザ)
機能性 カスタマイズご要望にも対応できる
無料トライアルの
有無
不明
利用料金 初期費用:20万円
月額:3万円~
公式URL https://shiftmax.co.jp/
勤之助ver.2
基本情報
打刻方法 パソコン、携帯電話、ICカードなど
機能性 出勤簿項目が自由に決められる
無料トライアルの
有無
不明
利用料金 初期設定:別途見積
勤怠管理基本サービス 日本語版:月額300円/1人
申請機能オプション:月額50円/1人
操作ログオプション:月額50円/1人
PCタイムレコーダー:月額500円/1端末
公式URL https://www.yorozuya-ikka.info/kinnosuke/
シフオプ
基本情報
打刻方法 パソコン、携帯電話など
機能性 シフト作成・調整などがスムーズに行える
無料トライアルの
有無
不明
利用料金 月額:300円/1人
一定ユーザー数からパック料金あり
公式URL https://www.shifop.jp/
リシテア
基本情報
打刻方法 web、スマホ、ICカードなど
機能性 直観的で使いやすい
無料トライアルの
有無
無料のデモ版あり
利用料金 要問合せ
公式URL https://lysithea.jp/
Zoho People(ゾーホー・ピープル)
基本情報
打刻方法 web打刻
機能性 研修や人材開発の見直しがしやすい
無料トライアルの
有無
30日間の無料体験あり
利用料金 月額:150円/1人~
公式URL https://www.zoho.com/jp/people/
TIME-3X
基本情報
打刻方法 web、ICカード
機能性 複数の勤務形態があっても適切なシフト設定が可能
無料トライアルの
有無
不明
利用料金 要問合せ
公式URL https://www.msr.co.jp/time3/
バイバイタイムカード
基本情報
打刻方法 スマホ、iPad、パソコン、QRコード、ICカード、指静脈など
機能性 柔軟なカスタマイズ対応が可能
無料トライアルの
有無
なし
利用料金 要問合せ
公式URL https://www.byebye-timecard.net/
AKASHI
基本情報
打刻方法 web、ICカード
機能性 web上での勤怠管理がしやすく、安心サポートつき
無料トライアルの
有無
30日間の無料体験あり
利用料金 スタンダードプラン:月額300円/1人
公式URL https://ak4.jp/

ここからは、勤怠管理システムの基礎知識から細かな注意点などを詳しく解説していきます。勤怠管理システム選びで悩んでいる人や、今後勤怠管理システムを導入しようと考えている人は、見逃せない内容ばかりですよ。

勤怠管理システムはどれを使用しているの?アンケートで大調査!

新型コロナウイルス感染症がインフルエンザに匹敵するくらいに有名になり、リモートワークも主流になりつつある世の中。時代に合わせて勤怠管理システムを見直す人もいるでしょう。

アナログな方法だとタイムカード式の勤怠システムが主流でしたが、インターネットが普及している時代では、タイムカードだけではなく、在宅ワークなどでも対応可能なパソコンやスマートフォンで打刻できるものもあります。今回はWEBで「出勤・退勤時刻の記録はどのように行っていますか?」という内容のアンケートを実施してみました。

結果は以下の円グラフをご覧ください。

一番多かった回答35%「その他」。次点で「タイムカード式」。

そのほかにはパソコンやスマートフォン、生体認証式や指紋認証など人体を用いての勤怠管理システムが挙げられました。一番多かった「その他」というのは、この回答の中にはないさまざまな勤怠管理システムの種類といえます。

例えばICチップ、チャットや通話、Bluetoothをつなぐといった打刻方法もあります。一口に勤怠管理システムといってもシステムや方法など組み合わせもさまざまなため、自分に最適なシステムを導入したいものです。

次に多かったのは「タイムカード式」でした。第三者の協力がないと基本的にはごまかすことができません。

実際に自分の手で打刻しなければいけなく、アナログな打刻方法としては主流な方法といえますね。パソコンやスマートフォンといった、サイトやアプリにつないで打刻する方法もありました。

リモートワークが多いのため、こういった打刻方法の導入は実に便利です。生体認証や、指紋認証など、本人以外には絶対に打刻できない勤怠管理システムを導入している回答もあります。

勤怠管理システムを取り入れるさまざまな工夫がされているので、自分や業種に合わせた管理方法を選ぶとよいでしょう。これらの結果を踏まえて、勤怠管理システムはどのようなものなのかについて見ていきます。

より理解を深めて導入したい勤怠管理システムを吟味しましょう。

「労務管理」と「勤怠管理」の違いは?

労務管理とは、従業員の給与や福利厚生、待遇などの労務全般を管理することです。勤怠管理とは、労務管理に含まれる業務のうち、従業員の労働時間を管理することをいいます。そのため、勤怠管理は労務管理の一部であるといえます。

ここからは、労務管理と勤怠管理の違いについて、より詳しく解説していきます。

労務管理とは

労務管理とは、従業員の賃金・福利厚生などに関する管理をすることをいいます。主な目的は、労働時間を管理し、従業員の労働内容が労働基準法などの法律に反していないかを確認することです。

従業員の労働条件や労働環境などに関する業務は多岐にわたります。従業員のスキルアップやキャリアアップなど、業績に見合う報酬であるかを見定め、モチベーションを上げることも業務のひとつです。

就労する従業員が働きやすい環境を用意することや、健全な労働関係を維持することが、労働管理において最も大切な業務といえます。

勤怠管理とは

勤怠管理とは、従業員の勤怠や就業状況を管理することをいい、労働全般を管理する労務管理のなかに含まれる業務です。従業員の出退勤時間・休憩時間・労働時間・出社日数などの情報を取り扱います。

勤怠管理は労務管理の一部であるため、労働基準法などの法律をきちんと守る必要があります。労働基準法や労働規則をもとに、従業員の労働時間が適正かを確認し、従業員の健康を維持することが主な目的です。

勤怠管理は労務管理のなかでも毎日行う業務であり、勤務時間の記録をもとに給与を計算するため、重要度の高い業務であるといえます。

勤怠管理が必要な理由

勤怠管理は、労務管理をするうえで必要な業務であり、適切に行わなければなりません。なぜ勤怠管理が必要なのか、その理由を3つにわけて解説していきます。

従業員の給与を正しく支払うため

従業員の給与を正しく支払うためには、適切な勤怠管理が必要です。給与は基本給だけでなく、時間外労働などの時間ごとに変化する項目も多数あります。そのため、従業員の勤務日数や勤務時間を記録する勤怠管理情報が不可欠なのです。

また、勤怠管理には、労働基準法や労働契約に基づいた有給休暇の日数管理や残業代、保険料や税金などの計算も含まれます。適切な勤怠管理を行わないと正しい給与を計算できないため、重要な業務といえます。

勤怠管理には「自社の労働状況や従業員の労働条件などを把握し、適切な給与の支払いをする」という大切な役割があるといえるでしょう。

コンプライアンスのため

勤怠管理を含む労務管理全般は、労働基準法や労働規則を遵守した企業運営など、コンプライアンスを徹底するうえで必要なものです。

事業者が従業員を雇用するときには、労働基準法の遵守が求められます。2019年4月に働き方改革関連法が施行されるなど、従業員の労働環境改善の取り組みが進んでいます。

勤怠管理では、法令遵守(コンプライアンス)はもちろん、法改正にもすみやかに対応する必要があります。コンプライアンスが守られていないと、労働基準監督署から指導を受けることになり、会社自体のイメージダウンにもなるでしょう。

従業員の健康や労働環境を守るためにも、勤怠管理は重要な要素といえます。

労務トラブルを予防するため

勤怠管理を適切に行うことで、労務関係のトラブル予防ができます。なぜなら、従業員の勤務時間などを正しく把握することで、適切な給与支払いはもちろん、従業員の健康管理にもつながるからです。

長時間労働による過労死などの健康被害や劣悪な労働環境などにより、トラブルへと発展する恐れもあります。しかし、適切な勤怠管理を行うことで、トラブルを予防し、労働環境を整えることもできるでしょう。

また、労務トラブルを防ぐことにより、生産性の向上にも期待できます。従業員の努力に対して適切な報酬を還元することで、モチベーションが上がり、よりよいパフォーマンスを発揮できます。

従業員が働きやすい環境を作ることも、勤怠管理において重要な業務といえるでしょう。

勤怠管理システムのメリット

労務管理・勤怠管理は重要な業務ですが、情報が多いため、手作業での管理は難しいでしょう。そこで、勤怠管理をサポートするシステムのメリットについて解説します。

手作業をなくして効率アップ

勤怠管理システムを導入すると、勤怠の記録が自動で記録されるため、手作業による集計をする必要がなくなります。

これまでは、タイムカードの打刻データは手作業で入力し、給与の計算を行っていました。しかしシステムを導入することで、打刻データがそのままシステム上に反映されるため、手入力の手間を省くことが可能です。

勤怠管理で最も時間のかかる作業を自動化することで、業務の効率化や計算ミスのリスクもなくなり、担当者の負担を減らすこともできるでしょう。

従業員の不正打刻を防止

タイムカードの打刻による勤務時間の管理では、本人以外の従業員による打刻も可能です。そのため、不正打刻の原因となってしまいます。

しかし、指紋認証や静脈認証、GPSによる認証システムなどを採用している勤怠管理システムを導入することで、不正な打刻を抑止することができます。

また、出張の場合や、本社、事務所などに出社しなくても打刻できるため、正確な勤怠管理が可能です。

勤怠管理システムが必要な理由

勤怠管理とは、従業員の始業時間・就業時間を記録し、適切な労働環境を維持することが主な業務内容です。また、給与計算のため、遅刻や早退、残業、有給休暇などを集計しなければなりません。

勤怠管理システムは、従業員の勤怠状況管理を効率化することを意図しており、各種機能が完備されたシステムです。一般的な勤怠管理は、手書き、エクセル、タイムカードなどを用いていますが、勤怠管理システムを導入することで、さまざまな恩恵を得られます。

ここからは、勤怠管理システムがなぜ必要なのか、その理由について解説します。

勤怠管理の効率化

勤怠管理システム導入の目的は、業務の効率化を確保することです。タイムカードやエクセルでの勤怠管理は、仕分けやデータの収集に時間と手間がかかります。「労働時間を集計したり、給与の計算をしたりするだけで1日の業務が終わってしまう」「転記とそれによるミスの確認・修正作業に時間がかかる」など、膨大な時間を費やすことになります。

そこで、勤怠管理システムを導入することにより、スマートフォンやパソコンを使った打刻が可能になります。テレワークや出張などの勤怠管理も可能です。また、従業員の有給管理、シフト制従業員の管理なども一括して行うことができます。

従業員の出勤時間や残業時間、時間外労働時間などの集計業務や給与計算を自動で計算してくれるため、タイムカードなどから勤怠管理表に転記する作業をしなくてよくなります。そのため、人事担当者の業務を効率化し、無駄なコストを削減することが可能になります。

法改正に応じた適切な勤怠管理

勤怠管理システムの中には、自動でアップデートされるものがあります。労働や勤怠に関する法律の改正が行われても、勤怠管理システムを導入していれば、法改正に応じて自動でアップデートが可能です。そのため、勤怠管理の作業がスムーズになり、ミスを減らすことができます。

また、労働安全衛生法が2019年に改正され、それにより「客観的方法による労働時間の把握」が義務となりました。

従業員の出退勤は、タイムカード、パソコンの使用履歴など客観的な記録に基づいた時間でなければなりません。自己申告などの勤怠記録は法的に認められないため、場所を選ばず客観的で正確な勤怠記録が可能な勤怠管理システムの導入が増えてきています。

労働基準法の改正により、有給取得の義務化や時間外労働に上限が設けられました。従業員一人ひとりの勤怠状況をきちんと把握する必要が出てきたことも、勤怠管理システムが広まってきた要因といえます。

勤怠管理システム導入後の効果

勤怠管理システムを導入することにより、どのような効果があるのでしょうか。ここからは、勤怠管理システムを導入することで得られるメリットについて紹介していきます。

勤怠管理労働時間の削減

タイムカードによる勤怠管理では、月末にタイムカードを集めて目視による確認を行い、労働時間と残業時間などを集計しなければなりません。労働時間の集計から給与計算までは、多くの時間と手間を必要とし、ミスが起こる可能性も高くなります。エクセルを使っての勤怠管理も、転記ミスや式の間違いなどが起こることはありえます。

勤怠管理システムには、労働時間の自動集計、シフト管理機能、残業時間のアラート機能など、業務の効率化が図れるさまざまな機能が備えられています。勤怠管理システムを導入することにより、集計作業が非常に簡易になるため、業務を効率よく進めることが可能です。

また、業務を効率化することにより、勤怠に関する処理をスピーディーに行えるため、勤怠管理者や人事担当者などの労働時間を適正にすることが可能です。

長時間労働を防ぐ

勤怠管理システムは、従業員一人ひとりの勤務状況を、いつでもリアルタイムで確認することができます。そのため、従業員の長時間労働を防止することが可能です。

一般的に行われてきた出勤簿やタイムカードなどによる勤怠管理は、締め日に集計を行うまで、労働時間を知ることができません。そのため、集計後に残業時間の上限を超過していたということも充分ありえます。

勤怠管理システムは、従業員の労働時間を毎日いつでも閲覧することができるため、長時間労働にならないよう調整することが可能です。このように、労働時間を管理することにも勤怠管理システムは役立ちます。

また、労働時間の詳細なデータが記録されるため、労働時間が長くなる部署や時間帯、従業員を把握し、長時間労働への対策を講じやすくなります。

法改正への柔軟な対応

これまで、労働時間などの勤怠管理に関わる法律は、何度か改正されてきました。労働に関する事柄については、働き方改革が推奨されている現代において、これからも改正されていくでしょう。

法改正のたびに管理方法を見直す作業を行うと、通常業務にまで影響が出てしまいます。また、法改正の内容を把握できていないと、知らないうちに法律違反となるリスクが生じます。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば、法改正に対応したバージョンアップを自動で行えるものがあるため、法改正の際にも慌てずに業務をおこなうことができます。勤怠管理方法を変更する手間も省けるため、法改正への柔軟な対応が可能になります。

コスト削減への効果

勤怠管理システムの導入は、コストの削減に効果があります。勤怠管理には、勤務状況や有給休暇の管理など、さまざまな業務があります。

給与計算も業務に含まれますが、基本給や手当、残業時間といった項目は、従業員一人ひとり異なります。そのため、非常に手間と時間がかかる作業です。フレックスタイム制など働き方が多様化し、労働時間の集計は煩雑です。

これらの業務は多くの時間が必要なため、それ相応の人件費もかかります。そこで、勤怠管理システムと給料計算ソフトを連携させることで、勤怠記録から給与計算までをシステム上で行えます。業務時間を減らすことで、コスト削減につなげることが可能です。

従業員の不正防止

勤怠管理にタイムカードを使用している場合、遅刻したときにタイムカードを打刻せずに定時で自己申告したり、同僚に打刻したりしてもらうなど、悪意を持って勤務時間を不正申告しようとする可能性があります。

勤怠管理システムには、指紋認証、顔認証、静脈認証などの生体認証システムが導入されている場合があります。このようなシステムを利用することで、なりすましや不正打刻などを防ぐことが可能です。

出退勤の管理だけじゃない!効率的に業務をこなすなら勤怠管理システムの導入がおすすめ!

勤怠管理システムは出退勤の管理ができるだけのツールかのように思っていた人もいるかもしれませんが、ここまでで紹介してきたとおり、まったくそんなことはありません。出退勤の管理がメインの機能であることは確かですが、それ以上にさまざまな便利機能が存在し、業務の効率化に大いに役立ってくれます。

むしろ、見方によっては出退勤の管理をスムーズにしてくれること以上に、業務を効率化してくれることこそが勤怠管理システムの本領だとすらいえるでしょう。現状よりも効率的に業務をこなせるようにしたいのであれば、ぜひ勤怠管理システムを導入してみてください。

おすすめの勤怠管理システムランキングTOP3

Dr.オフィスLookJOB2
おすすめポイント
いつでもどこでも出退勤を管理できる「フレキシブルな勤怠システム」
もっと詳しく
ジンジャー
おすすめポイント
企業内の人事業務を一つのプラットフォームに集約して業務効率を大幅に改善
もっと詳しく
キングオブタイム
おすすめポイント
打刻データがブラウザ上で管理できるのでコスト削減が実現する
もっと詳しく

記事一覧

投稿日 2024.05.15
勤怠管理システムの導入は、従業員の効率向上や業務効率化を図るためです。メリットは正確な労働時間の把握と給与計算の精度向上、デメリットは初期費用やトレーニングが必要な点などがあります。勤怠管理
続きを読む
投稿日 2024.04.15
近年、効率的な業務遂行と働き方の柔軟性を追求するなか、勤怠管理システムが注目を集めています。本記事では、働き方改革の背景とその実現において、効果的な勤怠管理が果たす役割に焦点を当て、企業や従
続きを読む
投稿日 2024.03.15
労働法において、勤怠管理は義務付けられています。これは、労働者の権利保護や労使関係の健全な維持を目的とした措置です。 この記事では、なぜ勤怠管理が法律で義務付けられているのか、その内容や背後
続きを読む
投稿日 2024.02.15
勤怠管理は、労働者の出退勤や労働時間を効率的に管理するための不可欠な業務です。この記事では、勤怠管理の歴史から現代の勤怠管理システムの進化、そして将来のトレンドについて探究します。適切な勤怠
続きを読む
投稿日 2024.01.15
勤怠管理システムを選ぶ際、適切な選択をすることは組織にとって非常に重要です。正確な勤怠データの収集、従業員の生産性向上、法令遵守など、多くの目的を満たすためには、適切なシステムを選ぶことが必
続きを読む
投稿日 2023.12.15
勤怠管理システムは、現代の労働環境において不可欠なツールとなっています。効率的な業務運営や組織の成果を最大化するために、システム導入を検討するべきです。そのためにはまず、その必要性や課題につ
続きを読む
投稿日 2023.11.15
勤怠管理システムは、現代のビジネス環境において不可欠なツールです。このシステムは、従業員の出勤、休暇、労働時間を正確に追跡し、給与計算や業務計画の最適化を可能にします。本記事でシステムの仕組
続きを読む
投稿日 2023.10.15
朝の勤怠管理において、正確な打刻は効果的な業務遂行に欠かせません。しかし、適切なタイミングは一概にはいえません。この記事では、適切な勤怠管理を通じて、効率的な労働環境を築くためのポイントや、
続きを読む
投稿日 2023.09.15
突然、従業員が無断欠勤すると企業側も対応に追われ他の従業員にも負担が掛かるでしょう。ただ、企業側は無断欠勤した場合の不測の事態に備え、あらかじめ対処法を考える必要があります。本記事では、従業
続きを読む
投稿日 2023.08.15
仕事の出勤時、退勤時にタイムカードなどの勤怠管理システムで記録をつけます。でもついつい忘れてしまい、注意を受けてしまうことも。打刻忘れを防ぐためには、どのような対策が有効なのでしょうか。今回
続きを読む
サイト内検索

新着記事

勤怠管理システムの導入は、従業員の効率向上や業務効率化を図るためです。メリットは正確な労働時間の把握と給与計算の精度向上、デメリットは初期費用やトレーニングが必要な点などがあります。勤怠管理
続きを読む
近年、効率的な業務遂行と働き方の柔軟性を追求するなか、勤怠管理システムが注目を集めています。本記事では、働き方改革の背景とその実現において、効果的な勤怠管理が果たす役割に焦点を当て、企業や従
続きを読む
労働法において、勤怠管理は義務付けられています。これは、労働者の権利保護や労使関係の健全な維持を目的とした措置です。 この記事では、なぜ勤怠管理が法律で義務付けられているのか、その内容や背後
続きを読む