勤怠管理システムの導入を検討している企業必見!おすすめの勤怠管理システムをランキング形式でご紹介!

建設業向け勤怠管理システムとは?選び方やポイントを紹介

公開日:2024/06/15  

建設業向け勤怠管理システム
建設業向け勤怠管理システムは、効率的な作業時間の追跡やプロジェクトの進捗管理を可能にする重要なツールです。リアルタイムなデータ更新やモバイル対応など、迅速な情報共有が求められます。本記事では、建設プロジェクトの成功に向けて最適な勤怠管理システムの選び方や活用方法に焦点を当て、業務の効率向上をサポートします。

建設業における勤怠管理の課題

建設業における勤怠管理には複数の課題が存在します。まず、業務の多様性と勤務場所の分散性が挙げられます。建設業界では作業形態が多様であり、従業員は主に作業現場や事業所外で働いています。

このため、従業員の労働時間を客観的に把握することが難しく、従来は自己申告制やエクセルを用いた勤怠管理がおこなわれていました。2019年の労働安全衛生法改正により、労働時間の客観的な把握が求められましたが、建設業の特性からくる困難さが残ります。

とくに、現場からの直行直帰が一般的であるため、従業員のタイムカード打刻において代理打刻や不正打刻が防げないという問題も浮上しています。

さらに、建設業は人手不足が深刻な課題であり、2024年からの時間外労働の上限規制や週休2日制の導入により、勤怠管理の重要性が一層増しています。これには、残業時間や有給休暇の適切な管理が求められ、みなし残業制度の場合には正確な勤怠情報が不可欠です。

建設業向け勤怠管理システムについて

建設業向けの勤怠管理システム導入は、業務プロセスの革新と効率化に大きな影響を与えます。システムを活用することで、勤怠データの集計や給与計算が自動化され、勤怠管理業務が大幅に効率化されます。

勤怠管理システムは多くの製品がスマホやタブレットでの打刻に対応しており、GPS機能やスマホを使用した顔認証打刻により、従来のタイムカードや日報に潜む不正打刻を防止できます。これにより、正確で信頼性の高い勤怠データを取得可能です。

また、建設業の特有の課題に対応するため、勤怠管理システムは柔軟性をもっています。シフト制やフレックス制はもちろん、1日に複数の現場を担当する場合や日をまたいだ勤務にも対応可能です。

これにより、従業員の多様な勤務条件に対応し、煩雑な勤怠管理をスムーズにおこなえます。さらに、さまざまな打刻方法が用意されており、スマホやPCからの打刻だけでなく、GPS打刻や顔認証、静脈認証などが利用できます。

これにより、従来のタイムカードや自己申告制に伴う代理打刻や不正打刻を効果的に防げ、修正した履歴も残ります。遅刻を免れるための改ざんが困難となります。

従来の締め日に勤怠データを回収・集計する手法では、残業時間の上限超過に気付きづらく、法に違反するリスクがあります。罰則が厳格化された現在、勤務状況をリアルタイムに把握し、残業超過を防ぐ対策が不可欠です。

勤怠管理システムは日々の勤怠状況や総労働時間を可視化し、打刻忘れや残業超過時にはアラート通知機能を提供するなど、法令遵守と効率的な管理を同時に実現します。また、客観的な勤怠データの記録とあわせて、残業時間や有給休暇の管理も効果的におこなえます。

建設業向け勤怠管理システムの選び方

建設業向けの勤怠管理システムを選ぶ際には、自社のニーズや目的に合った製品を選定することが重要です。まず、打刻機能に特化したシンプルな製品から給与計算や入退社手続きなどの多機能ツールまで、豊富なバリエーションがあります。

自社の要件に合わせて、何に焦点を当てたシステムを導入するかよく検討しましょう。次に、内勤・外勤・夜勤など多様な勤務体系に対応するシステムを選びましょう。

とくに、社外での打刻にはスマホから出退勤操作が可能なクラウド型の勤怠管理システムがおすすめです。多くのシステムには、事業所外での有休や残業の申請・承認機能が備わっており、現場作業の急な延長にも柔軟に対応できます。

また、建設業界特有の機能が事前に搭載されているか、必要な機能を柔軟にカスタマイズできるかも確認ポイントです。たとえば、工数・日報管理や工事原価管理などが含まれていると、ほかの業務もスムーズに効率化できます。

残業時間や有給休暇の取得状況をシステム内で確認できる製品であれば、従業員の勤怠状況をリアルタイムで把握できます。休暇実績や残業管理表の出力機能があると便利であり、アラート機能があれば残業時間が超過しそうな場合に迅速な通知が可能です。

これらの機能が揃ったシステムを選ぶことで、業務の効率化や適切な管理が容易になります。

まとめ

建設業における勤怠管理システムは業務の効率化や正確なデータ取得に貢献します。柔軟な機能やクラウド型の利点を踏まえ、自社のニーズに合ったシステムを選ぶことが重要です。

従業員の多様な勤務条件に適応でき、業界特有の機能も搭載されたシステムの導入は、組織の生産性向上と法令順守に寄与します。しっかりと検討し、選択したシステムは企業の持続的な成長をサポートする一翼を担っています。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

勤怠管理システムを導入する際、適切な選定が成功の鍵となります。勤怠管理システムの導入にあたっては、1つの視点に囚われないことが大切です。本記事では、従業員、管理者、人事・経理担当者の視点から
続きを読む
建設業向け勤怠管理システムは、効率的な作業時間の追跡やプロジェクトの進捗管理を可能にする重要なツールです。リアルタイムなデータ更新やモバイル対応など、迅速な情報共有が求められます。本記事では
続きを読む
勤怠管理システムの導入は、従業員の効率向上や業務効率化を図るためです。メリットは正確な労働時間の把握と給与計算の精度向上、デメリットは初期費用やトレーニングが必要な点などがあります。勤怠管理
続きを読む