勤怠管理システムの導入を検討している企業必見!おすすめの勤怠管理システムをランキング形式でご紹介!

シフト制とはどんな勤務形態?勤怠管理システムで管理できる?

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/09/12


故人の事情で、働き方が違う人も多くいるでしょう。なかでも、シフト制は時間や曜日が一定ではなく、好きな時間帯でシフトを組む働き方を指します。本記事では、シフト制とはどんな勤務形態なのか、勤怠管理で管理できるかどうか解説します。シフト制で働こうか迷っている方はぜひ、参考にして頂けると幸いです。

そもそもシフトをもシフト制とは

一言にシフト制と言っても種類があり、シフト制で働いている方は多く存在します。シフト制は、おおまかに3つに分かれており働く人が働きやすい環境を整えていると言えるでしょう。3つに分かれているシフト制について解説しますのでぜひ、参考にしてください。

完全シフト制

完全シフト制とは、あらかじめ時間帯や曜日を決められたシフトの中で自分に合うシフトで働く働き方です。一般的には、1週間やひと月ごとでシフトが変わるのが完全シフト制です。代表的な業種で言えば、介護職や工場など24時間体制で稼働している業種です。日勤・夜勤といったように交代制で働く働き方を完全シフト制と言います。

固定シフト制

固定シフト制とは、時間や曜日をあらかじめ決めて働く働き方を言います。固定シフト制は、一度決められるとずっとそのままの曜日や時間帯で働くことが多いでしょう。ただ、半年や1年で希望を再確認し見直しをする企業もあります。代表的な業種で言えば、コールセンターや家庭教師と言った業種になります。

自由シフト制

自由シフト制とは、特に決められた曜日や時間帯はなく自分から希望する時間帯を勤務先で調整して働く働き方です。一般的には、月半ばに働ける希望の曜日や時間帯を勤務先に伝え3週目あたりに勤務先がシフトを組む問方法です。代表的な業種は、コンビニや居酒屋、ファミレスと言った業種になります。

シフト制のメリット・デメリット

シフト制は、自分の働けるときに働けるメリットもありますが、デメリットも存在します。シフト制のメリット・デメリットを紹介します。シフト制で働きたいけど、実際はどうなのか迷っている方はぜひ、参考にしてください。

メリット

例えば、学生や主婦の方であれば日中は働けるけど夜は働くのが難しい方もいるでしょう。そういった方であれば、平日の日中でシフトを組めるメリットがあります。シフトさえ組めば、仕事のない日はプライベートな時間に当てられるためスケジュールを組みやすいでしょう。

また、夜間であれば時給がプラスされる企業が多く、たくさん稼ぎたい方にはおすすめです。日中は正社員として働き、夜間は少しシフト制の仕事をしたいという方はたくさん稼げるでしょう。ただ、ダブルワークができない企業もあるので、事前に確認しておくと安心です。

デメリット

シフト制のデメリットは、まとまった休みを取りづらいということです。あらかじめ、働く曜日や時間帯が決められているため、旅行や泊りがけの用事ができないというデメリットがあります。企業によっては、自分の休み希望が通りづらい会社も存在します。

もし、休みを取ることが多い方はあらかじめ面接の時に聞いてみると良いでしょう。また、休みを取得すると給料が低くなるというデメリットもあります。正社員とは違い、有給休暇を取っても休めばダイレクトに給料へ反映されてしまうのもシフト制で働く方の悩みでもあるでしょう。

人気の勤怠管理システムはこちら

シフトの制作・管理は勤怠管理システムで行える

企業側として、シフト制で人を雇うと時間や給料を管理しなくてはなりません。正社員とは違い、きちんとチェックしなければ働く側に迷惑が掛かってしまいます。そうならないために、シフトの制作や管理を勤怠管理システムでおこなう方法を解説します。

初期費用が抑えられるクラウド型

勤怠管理システムを導入するうえで、一番気になる点は初期費用が高いことでしょう。クラウド型であれば、勤怠管理システムを購入する必要がなくクラウドサーバー事業者のものを借りるというスタイルになります。一般的に、購入すると数万円から数百万円の費用が掛かりますがクラウド型であれば費用をぐっと抑えられるでしょう。また、セキュリティレベルが高い観点からも安心して借りられるシステムです。

目的に合わせたパッケージ型

パッケージ型であれば、自社独自のシステムを導入できる利点があります。一度導入してしまえば、従業員が増えたりあらゆる事態が起きても対応できたりするでしょう。システムの構築に当たっては、管理部や運用部などとしっかり話し合いをおこなっておきましょう。事前に打ち合わせた上で、システムを構築できれば安心して使用できるシステムだと言えます。ただ、クラウド型とは違い初期費用が高いというデメリットもあります。自社がどのような勤怠管理システムを求めているかしっかりと判断したうえで導入しましょう。

まとめ

本記事では、シフト制とはどんな勤務形態か勤怠管理システムで管理できるかどうか解説しました。シフト制は、あらゆる状況で働く方の時間帯や曜日に合わせている働き方であるため働きやすいと言えます。ただ、企業側としてはしっかり管理しないと勤務する側に迷惑が掛かります。そうならないためにも、勤怠管理システムを導入するのがおすすめです。本記事が、シフト制で働いている方やシフト制を取り入れている企業の方の参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

勤怠管理システムの導入は、従業員の効率向上や業務効率化を図るためです。メリットは正確な労働時間の把握と給与計算の精度向上、デメリットは初期費用やトレーニングが必要な点などがあります。勤怠管理
続きを読む
近年、効率的な業務遂行と働き方の柔軟性を追求するなか、勤怠管理システムが注目を集めています。本記事では、働き方改革の背景とその実現において、効果的な勤怠管理が果たす役割に焦点を当て、企業や従
続きを読む
労働法において、勤怠管理は義務付けられています。これは、労働者の権利保護や労使関係の健全な維持を目的とした措置です。 この記事では、なぜ勤怠管理が法律で義務付けられているのか、その内容や背後
続きを読む