勤怠管理システムの導入を検討している企業必見!おすすめの勤怠管理システムをランキング形式でご紹介!

従業員が無断欠勤!発生する理由や対処法、防ぐ方法をご紹介!

公開日:2023/09/15  


突然、従業員が無断欠勤すると企業側も対応に追われ他の従業員にも負担が掛かるでしょう。ただ、企業側は無断欠勤した場合の不測の事態に備え、あらかじめ対処法を考える必要があります。本記事では、従業員が無断欠勤した場合の対処法や、防ぐ方法について解説しますのでぜひ、参考にしてください。

従業員が無断欠勤する理由

従業員が無断欠勤すると、企業側としても困りますが他の従業員にも迷惑が掛かります。無断欠勤した人の分を、他の従業員でカバーする必要があり効率も悪くなるでしょう。従業員が無断欠勤する理由はさまざまであり、無断欠勤するのには訳があります。従業員がなぜ無断欠勤するのか、理由を解説しますのでぜひ、参考にしてください。

セクハラやパワハラなどの事情で行きたくない場合

従業員が無断欠勤した場合、企業側として考えなければならない理由にセクハラやパワハラがあります。もし、実際にセクハラやパワハラが理由の場合は事実を確認しましょう。また、そのような事実はなく深刻な事情でない場合は出勤命令を出すことも可能です。

急病や不慮の事故

急病や不慮の事故の場合、本人と確認が取れない不測の事態もあるでしょう。こうした場合にも、無断欠勤扱いになりますが本人の健康状態をしっかり確認しましょう。場合によっては、事後、休暇制度や休職制度を利用することもできます。

自己都合による無断欠勤

自己都合による無断欠勤は一番多い理由に該当するでしょう。日ごろから、責任感がある人材かお酒の匂いがしていないか認識しておく必要があります。ただ、セクハラやパワハラと混同しないよう本人との意思を確認しましょう。

従業員が無断欠勤するとどうなる?

従業員の無断欠勤が続いていたら、企業側としてはどのような対応をしなければならないでしょう。不要に解雇して、後に訴訟されてしまっては企業側としても困ります。従業員が無断欠勤するとどうすれば良いのでしょうか。まず、従業員が無断欠勤した場合状況確認をおこないます。

状況によっては、法的な措置を必要と知る場合もあるでしょう。あとで、トラブルに発展しないよう就業規則や従業員の会話などを書面やメールなどで残しておくと安心です。また、本人と合意のもと音声データを録音しておくと問題が起きてもトラブルに発展することは少ないと言えます。

従業員の無断欠勤が発生した場合の対処法

従業員の無断欠勤が発生した場合、話し合いで解決するのがベストな方法ですがそういかない場合もあるでしょう。従業員の無断欠勤が発生した場合の対処法を解説しますのでぜひ、参考にしてください。

安否確認をおこなう

無断欠勤をしたら、まずは本人と意思確認をおこないましょう。もしかしたら、事故の可能性や不慮の事故の場合もあります。なぜ、連絡できなかったのかヒアリングをおこない内容をメモしておくと良いでしょう。

今後について指導する

無断欠勤した理由を確認できたら、状況によって教育や指導をおこないます。教育や指導をおこなえば、企業側が無断欠勤を黙認したと捉えられることはありません。また、指導や教育をおこなった場合には書面にて必ず残しておきましょう。

状況に応じて懲戒処分や解雇を検討する

従業員側に理由がある場合は、顛末書・出勤停止・減給を検討しましょう。それでも、無断欠勤が続く場合には解雇を検討する必要があります。解雇を検討する場合は、就業規則などを照らし合わせ条件を満たしているかどうかしっかりと見極めて検討しましょう。

従業員の無断欠勤を防ぐ方法

従業員の無断欠勤は出勤する前に、電話さえしてもらえば回避できる問題でもあります。新たに入社する従業員などに無断欠勤を防ぐ方法を解説しますのでぜひ、参考にしてください。

日ごろから従業員のケアをする

毎日、仕事をおこなっているとストレスや疲れがたまってくるのは誰にもあることでしょう。もちろん、従業員が日ごろからストレスをためないよう従事することが第一となります。ただ、従業員がこれだけでストレス発散ができない場合もあるため企業側としても日ごろから心身のケアをしてあげるようにすることが大切です。遅刻や無断欠勤がおこった際には、早急に対処し今後につなげられるように対処すると無断欠勤を防げるでしょう。

就職した段階で欠勤する場合には連絡するように伝える

休む場合には連絡をするということが常識ですが、常識を知らない場合もあるでしょう。就職した段階で休む際には、連絡をするということをあらかじめ伝えておきましょう。また、就職しても日ごろから無断欠勤すると周りに迷惑が掛かるということを刷り込む必要があります。

まとめ

本記事では、従業員が無断欠勤した場合や、無断欠勤が発生する理由や防ぐ方法を解説しました。不慮の事故で遭った場合でも、必ず本人と連絡が取れるようにしておくことで企業側は安心です。また、無断欠勤しても相手を責めることなく話し合いで無断欠勤がなくなるのが一番の解決方法です。ただ、無断欠勤が続く場合には十分に注意しながら解雇も検討するのが企業側の責任でもあります。本記事では、無断欠勤されて困っている従業員がいる企業の方はぜひ、参考にして頂けると幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

勤怠管理は、労働者の出退勤や労働時間を効率的に管理するための不可欠な業務です。この記事では、勤怠管理の歴史から現代の勤怠管理システムの進化、そして将来のトレンドについて探究します。適切な勤怠
続きを読む
勤怠管理システムを選ぶ際、適切な選択をすることは組織にとって非常に重要です。正確な勤怠データの収集、従業員の生産性向上、法令遵守など、多くの目的を満たすためには、適切なシステムを選ぶことが必
続きを読む
勤怠管理システムは、現代の労働環境において不可欠なツールとなっています。効率的な業務運営や組織の成果を最大化するために、システム導入を検討するべきです。そのためにはまず、その必要性や課題につ
続きを読む